AK-47

説明

1949年にソ連軍の制式突撃銃として採用された軍用自動小銃。構造は簡素かつ堅牢、戦場での荒々しい扱いにもびくともせず、極寒地から砂漠に至るまで世界中のあらゆる場所で確実に作動する兵士達の頼れる友である。ソ連のみならず共産圏各国への供与やライセンス生産が行われ、またコピー品も大量に製造されている。
あらゆる紛争地帯でその姿を見ないことの無い、現在世界で最も名の知られた軍用銃の一つといえる。

反動が強く連射時の銃口の跳ね上がりが強いため、主観視点で連射させると照準が上にずれていく。

入手方法

敵が所持している

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|