既存の問題点


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

芸能人ブランドの問題点

人気・鮮度について

  • お客側のタレントの好き嫌いに、大きく左右される。 (興味のないタレントや、嫌いなタレントの商品だと、絶対に買わない)
  • タレントの人気が落ちたり、タレント自身がトラブルを起こす可能性がある。
  • 長くても3~5年程度しか、ブランドの鮮度を維持できない。
  • 総じて、当たり外れが大きい。

販売戦略について

  • 芸能人プロデュースには、あまり説得力がない。
  • 類似の芸能人ブランド商品を、他社メーカー・他ストアが真似して、追随することが容易である。
  • ブランド価値を維持するためには、継続的に宣伝広告費が必要になる。
  • ストア側のデザインセンスに左右され、ブランド価値の低下を引き起こす。
  • いつでもどこでも買えるため、プレミア感がない。

ストアにとって

  • 利益率が低いため、次第にブランド商品の取扱いの割合を減らす。その結果として、ブランド価値が衰退する。
  • ブランド商品を売っても、芸能人や商品のファンにはなっても、お店のファンにはならない。 (直接的なリピートは起こらない)
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|