※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

☆後夜祭 (あとの、つまり)


莠世:おつかれさまでしたー

びおら:おつかれさまでした~!

GM :お疲れ……様、でしたぁ。

譲二:お疲れ様でしたー!

譲二:ほんとにお疲れ様ー!

GM:はぅぁぅぁぅぇぇぇぁぁぁぅぅえぇぁぁ。

莠世:どどどど、どうしたの?GM

GM:た、楽しんで頂けたら、良かったです。

莠世:楽しかったですよー(笑)

びおら:楽しかったですよ~

GM:わずか三日で行った強行軍、しかもダイスを殆ど使わなかった割に

GM:大分ねっとり濃かったような気がします。(苦笑

びおら:私自身はついていくのでいっぱいいっぱいでしたが

譲二:なぜだ!なぜなのだ!なぜ私は後半シリアスしかしていない!

譲二:ねっとり濃かったのはきっと私のせいでしょう。

莠世:濃かったねえ。特に……いや、誰とはもうしませんが(笑)

譲二:ほんとほんと。誰でしょうね。

GM :いやぁ、鬱もどろどろでしたし。

GM:イィィリカもぐちゃぐちゃでしたしねぇ。

びおら:っ[きっと全員]

譲二:その通り!

莠世:その通りです!

GM : (笑

譲二:そうですか?ウツもイィィリカも素直な子だったと思いますが。

びおら:素直な濃い子

GM :イィィリカが素直でした。

莠世:ええい!女々しいんじゃーこのやろー!っと、思ってました(笑)>ブラックイィィリカ

譲二:あははははは(笑)

GM:本当は、鬱のおなかを貫くつもりだったんですが。

GM:ああ、あまり女々しい事はしてないじゃないですか。>イィィリカ(笑

莠世:だと思った(笑)>おなか

GM:で、鬱を放り捨てるつもりだったんですけれどねぇ。

譲二:女々しいというか、まあ、そのウチにあったモノが問題だったんだろうしねえ。

GM :そう言う、優しさ。

GM :殺さないと言う、優しさ。(笑

GM:を、凄く回りくどく表現するつもりだったのですが

GM:かえってあっちの方が良かったです。(笑

びおら:あれですよ。きっと短時間でいろいろ感化されちゃったんですよ

譲二:誰に?

びおら:誰でしょう?

莠世:いやー、女の子に背負わすなよ、そんなもん。と、思っちゃってた>女々しい

GM : うーん

譲二:あー、確かに、女の子に背負わすなとは思いましたね。

譲二:ゆぜの運切はすばらしかった。

莠世:ありがとうございます

GM:殆ど語っていないから、どうなのかわかりませんけれど

GM:そこには抜き差しなら無い理由があったのです。

GM :たぶん。

譲二:まあ、でも私がマスターで話作ったとしても、女の子に背負わせますけどね(笑)

GM:大体、聖人と少女ってだけで、それ以上の関係は表現されてませんしねー。

びおら:(笑

びおら:まあ、見えない部分で何かあったのなら、これ以上は何も言えませんな

GM:大体、厄災を連れてきたのも彼女本人ですしね。(苦笑

莠世:まあ、それは最初の方でいってましたね。でも、ゆぜは気にしない(笑)

莠世:鬱の両親殺しも結構重いなーとおもいましたが、結局詳しくは明らかになってないでしたねー

GM:ああ、あれはそう言うしきたりなのです。

GM:今では殆ど守ってる人は居ませんけれど、守った魔女こそが本物を語れると言うか。

びおら:「魔女」が「魔女」であるための?

GM : そう。

GM:「罪」があるからこそ、「魔」で居られる。

GM:「罰」を受けるからこそ、生きていかなくてはならない。

GM :殺した分だけ背負う覚悟。

GM :逃げてはならない事実。

GM:それの一番最初が、両親殺しなのですよ。

びおら:なるほどー

GM:故に彼女達は本来、決して許されてはいけない存在なのです。

譲二:さすが異世界。

GM :とか、適当に考えていました。

GM:だから、許して良いのは特別に特別を重ねた特別な聖人だけだと、それが彼女の些細な矜持。

びおら:でも、許されないと、当時の鬱ちゃんは耐え切れなかったのかな?

GM : うーん

GM:あまり細かいところは詰めていないので、わからないですけれど

GM:そう言う過去があるだけあって、「愛する」と言う行為には非常に否定的です。

GM:「愛」を一心に受けていながら、踏みにじってそれを殺したので。

GM :一身 か。(苦笑

莠世:そういう意味じゃ、ゆぜとは鏡のような存在ですねー

譲二:だからこそ気があったのですかね。

びおら:否定する。大嫌い。でも、本当は嫌いじゃない

GM :イィィリカをお母さんに例えれば

GM:殆ど同じ立場とも言えますけれどね。(笑

GM:守るために世界をも敵に回す覚悟でしたから。

莠世:だね。ゆぜもお母さんというストッパーが無ければ

びおら:譲 二 惨 殺

譲二:え?そうなの!?

莠世:というか、お母さんが亡くなったら同じような行動に出る可能性は高い

GM :あはははははははははは

びおら:いや冗談ですよ?(笑

譲二:わかってますわかってます。

GM : (苦笑

譲二:まぁ、愛する人には寿命まで生きてもらいたいものですよね~。

GM :そう言うわけで

GM:ちょっと捻くれて、ちょっと寂しく、そして醜い化物と

GM:それを抑えているのは何なのか、慰めるのは何なのか、

GM:もしかしたら、ただただ優しい、愛撫なのかもしれない。

GM :と、そう言うハロウィーンでした。

譲二:うん。ちゃんとボスもそれで倒しましたし(笑)

GM:パンプキンパイは美味しいですよ! 皆様、ありがとう御座いました~!

莠世:ありがとうございましたー

びおら:ありがとうございました~

譲二:ありがとうございましたー。

 

 

戻る?      最初へ。         彼らの日常を覗き見る?

 

 

添付ファイル