ミストカーテン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

英名:Mist Curtain

 レアリティ:C 絵師:相沢美良 番号:BS04-101 収録:BS04/BSC06/SD07

 コスト:2 軽減:2 シンボル:白 種類:マジック

  • 『フラッシュ』
  相手のスピリット1体を指定する。
  このターンの間、ブロックされなかったそのスピリットのアタックでは、自分のライフは減らされない。

備考/性能

再録
BSC06:ハイランカーパック ノーマル同品
SD07:はじめてのバトルセット ノーマル同品

  敵アタッカーを対象としてのみその効力を発揮する単体防御マジック。
  コストが軽い為、他色のデッキにタッチでの採用も容易であり、白系のデッキならばゼロコストでの発動も可能。
  疲労系のソーンやバウンス系のリボンが防戦時には敵アタッカーを、攻勢時には敵ブロッカーの排除目的とした
  攻守兼用で使用可能なのに対し、カーテンは完全に防御専門の性能になっており、攻めの手数に使えない。

  ただし、防御に専門特化したため、疲労系やバウンス系の持つ防御面の脆さを持たず安定した防御性能を発揮する。
  疲労系は攻撃宣言済みのアタッカーを止められず、
  バウンス系は合体スピリット対象の場合、ブレイヴが生存して攻撃続行できるなど、防御性能に大きな穴がある。

  カーテン特有の利点として、2点ダメージのダブルシンボル/連続攻撃の強襲持ち/ブロック不能の
  アンブロッカブル等によるダメージを、ブロッカーを併用せずに単独で完全に無力化することが出来る。
  ブロッカー要らずで性能を発揮できる性質上、一体目を素通りするサイレントの欠点を補う目的に非常に適している。

  返しのターンのブロッカー候補の減数を狙いたい場合、疲労/バウンス系とは使い方に差が出る。
  疲労/バウンス系は1体目を素通りさせつつ、そのバトルのフラッシュタイミングで
  2体目のアタッカー候補を排除する流れなのに対し、
  カーテンは2体目のバトルのフラッシュでそのアタックをガードする形になる。
  その為、1体しか攻撃してこないと相手の守りを崩す目的に使えない。

  更に2体分のアタック時効果を発揮するチャンスを与えてしまう。
  特にアンブロッカブルと真逆の性質であるブロック強制:指定アタック/激突には脆い。
  ブロック強制に弱い反面、破壊トリガーのブランボアーや被ブロックトリガーのハヤトの攻撃をスルーできる強みもある。
  ただし、それらは指定アタック付加/激突付加系と相性がいいため併用している可能性があり、
  シナジーして攻めて来たらとカーテンでは止められない。
  カーテンのダメージ無効化はプレイヤーへの直接ダメージ専用なので
  特にタウラス/メテオストームなどの貫通ダメージ/間接ダメージ系は防げないので即座に致命傷に繋がる。

  疲労系/バウンス系と共通する弱点として、白緑装甲&白緑重装甲アタッカーには通じない。
  特に複数のスピリットに白装甲を与えられる聖域は大の苦手。
  そういった意味でもアタッカーを対象にしない全体防御マジック:サイレントウォールとの
  同時採用は互いの効果のリスク低減に繋がるため相性が良い。
  なお、サイレントの代わりにソンプリ/バキュームを同時採用していた場合、
  同じく緑白装甲/緑白重装甲で無力化するのでリスク低減は難しい。

  バウンス系とのみ共通する弱点として、合体アタッカーが対象だった場合、
  アタッカーが覚醒/マジックコスト支払いなどで自壊してブレイヴのみで攻撃続行した場合、
  カーテンの効果はスピリット本体にのみ効果が掛かっているため、分離したブレイヴの攻撃は素通りしてしまう。


公式Q&A/ルール

更新:110227/Q1

Q.1 相手がアタックしてきたとき、アタックしているスピリットにこのマジックを使ったら、ブロックしなくてもライフを減らされないの?
A.1 はい、ライフを減らされません。




エピソード/キャラクター