ある日の日記


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

今日は昨日雨が降っていたせいで地面がグチョグチョだった。

なんだよマジでテンション下がんない?
とか思いながら今日はめんどいなとかね。


ちなみに年齢は教えないが俺は学生。
とりあえず、サボりましょうという事になった←オイ

授業をさぼって屯ってながら携帯をやってるとふと思った









やべえ。
電池切れてんじゃん。

だが、充電はできるので問題はない。

まあ、人が来たら一発アウトだがな。
そんな事を考えながら音楽を聴いていた。






まあ、でも現実はうまく行かない訳で人が来てしまいました。


チッ!!

なんて、良いところで…!
今、曲のサビの部分に入ったのに…。


まあ、楽しみが奪われた俺は当然キレてやろうと思った。
(まあ、逆ギレだけどね)

すると、あらま、同じクラスのリーではないか(あくまでも偽名ですよ)


どうしてくれようか…!
と、一瞬思ったがやはり暴力はいかんな。
とりあえず、何しにきたのかを聴くと。

「別に何でもないですよ」


そうですかい。
なんなら俺の楽しみを返せぃ!
俺の楽しみだったサビの部分を返せぃ!

まあ、その後はズルズルと引きずられながら授業に戻らされた。








さあ、家に帰ってきたぞ。
何?
だいぶ話しが飛んでる?

だって、本当に面白い事がなかったんだもん。




俺は楽しみだったDVDを見る事にした。
コーヒー牛乳を片手に。

DVDはグレンラガンだ。

感想はアニキがカッコよすぎる//


シモンはなんかビビっと来ないんだが…。







さて、明日はスパロボでもやるか…。
そんな事を思いながら寝る俺だった。





12月10日の出来事的な(笑)