ヘビィバスタークラブ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

バスタークラブもここで紹介。

「盾蟹」と呼ばれるダイミョウザザミから製造されるヘビィボウガン。
盾蟹砲、ヘビバスなどとも。
全てにおいて第二線級の性能を持ち、初期の主戦力として活躍する。

P2Gでは、さらに上位互換版として「ヴァイオレーター」が存在する。


銃とあれこれ―1―
 バスタークラブ・ヘビィバスタークラブ ~八方美人の優等生~

可もなく不可もなく、親しみやすい優等生で、清潔感があって
勉強頑張る、部活も頑張る 運動も成績もそこそこでルックスもそこそこ
学級委員とか何とかじゃぜんぜんないけど 誰にでも人当たりがいい という
ところがなぜか親しくしてる友人はなかなか見られない通好みの女の子。


バスタークラブは旧サフィ邸ではだいぶ好意的に紹介した覚えがあるのですが
今回はそれを踏まえて、ということで
最近一番に思うことは、この子は線が細いということ。
言い換えれば、何もかも中途半端であるというあたり。
「アタッカーハーフのための銃」というのは間違いない。
いやぁ、記事探すの苦労した…(滝汗

ほんとに、アタッカーとして考えても、サポーターとしても、さらには
アタッカーハーフとして考えてさえ中途半端の感はぬぐえません。
相対評価をしていてはボウガンの力は生かせない、ボウガンを愛してなどいられない
というのは分かってのことだということを注意して、
次のことを挙げてみます。
まず攻撃。攻撃力第5位(全8ランク)、会心率なし。
 上位へビィとしては力不足の部類、救いは通常3と貫通2があることくらい。
次に支援。毒弾が撃てないのは支障にならないとはいえ、
 一発の強い弾を扱えないため支援をするとがっつり攻撃力が落ちるのは難点。
 しかも徹甲榴弾なし。支援の手は少々狭い。
全体性能。やや遅いリロードはヘビィのデフォ、だけど扱いにくい。
 弾の種類は見れば少ないほう。

分かりやすくいえば
重支援性能でもダオラ砲にはかなわないし
軽支援性能でもクイックや黒龍砲に負ける。
攻撃なら支援性能がない銃ならバスター以上になる。
サポートだけの性能をみればそもそもヘビィ使う必要がない。

…半端だなあ…。
私に言わせれば性能面でコイツが一番だと感じさせるのは
スロット2つ、それだけです。

さてさて、けなせるのは愛してるからこそ。
私はこの銃、「アタッカーハーフの基本と限界を教えてくれる銃」
だという風に位置づけています。
何でもできるような銃じゃないからこそ、ヘビィを使ってできることが何か
考えて実行する、最高の舞台を用意してくれるじゃないかと思うのです。
そういう意味で、重ねてこの子は「アタッカーハーフのための銃」でしょうね。
クエストが進まないうちは、おおかたアタッカーのための銃として、
しっかりそのヘビィとしての職責を果たし、
いつか他の銃に取って代わられる銃です。
ガンナーが自分の目指すところにあわせて銃を選ぶのに応じて、
この子は倉庫に下がります。(Aハーフでも他の銃を選ぶことはしばしばですし)
とはいえ、重支援性能を持つ銃が「遅い(=ダオラ砲)」とか
「パワー不足(=バストン以下)」だったりする中
いい感じにまとまっているといえば、まとまっています。
ここに注目するガンナーがいて、そのスピード、威力で回復や拡散、
麻痺を撃ちたいんだ…とすれば、やっぱり玄人ですね(笑
私は、マーキングと耳栓と、ファッションを鼎立させるために
この子の二つのスロットが必要だったのと、そのために組み入れてなお
十分に発揮できる性能を買って、この子をエースにしています。
すなわち、私が一番よく使う銃、ヘビィバスタークラブ。
このマニアックなのが3本並んだときはびびったけどネ(笑

ガンナー業界めぐりめぐって、ガンナーが最後に彼女を選びたい、と
手を差し伸べたとき、その手を、いつもどおりやさしくとり ふっと微笑む…

「…わたしなんかでよければ」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。