部活メンバーのゲーム盤2

541 名前: 109 ◆znbTSV/Hyo [sage] 投稿日: 2009/04/11(土) 00:57:52 ID:UAwq/Yvr

魅音「後日、圭一の母親がゴミ箱の中から破られた部分を見つけたんだ。 


 私、圭一は命を狙われています 
 なぜ、命を狙われているのかはわかりません。 
 ただひとつ判る事は、叩かれた傷跡がとても痛いという 
ことです。 
 犯人は複数なのか単独なのかはわかりません。 
 青と緑と黒っぽいです。 

 今日の夜、突然PCをつけて2chを見たら、いきなり 
僕の名前とともに「氏ね」の文字が。 
 犯人はひぐらし本スレpart551,.>>603でIDはM664ejeY 


  ついでに●■の部分も良く見たら見えたってさ。 


 どうしてこんなことになったのか、私にはわかりません。 
 これをあなたが読んだなら、その時、私は死んでいるで 
 しょう。 ……死体は見つからないでしょう。 
 これを読んだあなた。どうか真相とIPを暴いてください。 
それだけが私の望みです。 

圭一 


圭一 「俺は事件当時初めて2chを開いたんだ。 
    だから気が動転して、思わずコーラをこぼしちまったぜ。 
    その日はもう嫌になって、ふてくされて寝て、 
    でも寝つきが悪くてあんま寝れなくて、 
    気づいたら太陽の光がいっぱいで、眠気覚ましにテレビを 
    見てから片付けもしないですぐ学校にいったさ。」 
      
魅音 「まぁこんな感じ。まぁその後圭ちゃんは全然くじけてないんだけどね。 
    元気に学校来てるしね。この手紙は圭ちゃんの悪ふざけ?」 
サトコ「圭一さんはこんなことで精神的に参ってしまう人ではなくてよ!」 
圭一 「あとあと知ったんだが、2chってとこではこんなの日常茶飯時らしいからな。 
    それを聞いてちょっとホッとしたのも事実だぜ。」 
梨花 「でも実際に、人は言葉の暴力で傷ついてしまうものなのですよ」 
圭一 「おう、皆が皆俺みたいなやつとはかぎんねーしな!」 
レナ 「顔の見えないインターネットでは、つい言葉に自制が無くなってしまうから 
    注意しないとね!」 
魅音 「言葉っていうのは恐ろしい魔法だねー。そんでもってこのインターネット 
    ってやつも、瞬時に世界中の人たちに繋がるトンでもない魔法なんだね。」 
レナ 「発達した科学は魔法のようなものなのかな、かな。」 
圭一 「そうだな!」 

542 名前: 109 ◆znbTSV/Hyo [sage] 投稿日: 2009/04/11(土) 00:58:42 ID:UAwq/Yvr

羽入 (駄目だったのです、負けちゃったのです!) 
梨花 (いいのよ羽入、久しぶりに部活メンバーが団結して、楽しかったじゃない。) 
羽入 (っていうか梨花はオヤシロ様のせいにするななのです! 
    この事件には一切かかわってないのであります!) 
梨花 (羽入には謝らないけど、ひぐらし本スレと>>603には謝るわ。 
    ……勝手に使ってしまってごめんなさいって。) 


圭一 「なぁレナ、……コーラを畳にこぼしちゃって黒いシミになっちゃったんだが、 
    どうやったら落ちるんだ?このままだと母さんに怒られちゃうよ……。」 
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。