※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ミリアルド・ピースクラフト(ゼクス・マーキス)


スペシャルズの部隊長で、地球に降下してきたウイングガンダムを迎撃するなど英雄的な功績を認められ、トレーズからは絶大な信頼を得ている。アニメ前半は主にトールギスを駆り、ガンダムパイロットと幾度も戦う。

OZを脱退後はハワードの助力を得て、トールギスで宇宙に上がり、サンクキングダム親善大使ミリアルド・ピースクラフトと名乗り、コロニーに和平と非武装化を説き続ける。しかし時代の流れを変えることが出来ず、また、戦場ではゼクス・マーキスとして仮面を被り2つの顔を使い分けることになる。

後にガンダムエピオンを駆り、ミリアルド・ピースクラフトと名乗りホワイトファングの指導者となる。人類に戦争の愚かさ・卑劣さを見せ付けるために戦争の根源である地球の存在を否定し、破壊しようとする。最終的にはヒイロ・ユイの乗るウイングガンダムゼロと壮絶な一騎打ちを繰り広げた後、リーブラの動力部の爆発の中にガンダムエピオンと共に消えた。





.