※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

サーペント(ダブルガトリングガン)

正式名称:MMS-01 通称:サーペント、13
コスト:420  耐久力:580  盾:×  変形:×

名称 弾数 威力 備考
射撃 ビームガトリングガン 40 120 ボタン押しの長さで2×3から2×10発射 10HITで120ダメ
サブ射撃 ミサイルランチャー 16 90 2発発射、動きながら発射できるが誘導は弱め
特殊射撃 ミサイルランチャー (16) 120 8発発射、複数発HITで120ダメ&ダウン
N格闘 実体弾式バズーカ砲 6 100 弱体化版トーテスブロック


機体性能
こちらはビームガトリング持ち。性能はSザクFのハイドラに近い。打ち切り装填型。
他の武装はブラストインパルスのミサイル、
カラミティのバズーカを420機体に付けた様な機体w
ビームガトリングの装填の繋ぎに、バズーカとミサイルを上手く使おう。


機体解説
名前の由来は13番目の黄道星座と呼ばれる事もあるへびつかい座からとされるが、厳密にはへび座からと思われる。へびつかい座を由来とするモビルスーツはほかにガンダムアスクレプオスがある。

バートン財団が真のオペレーションメテオを実行するために、大量に生産した量産型モビルスーツである。しかし、量産機でありながら高性能であり、多数の火器を装備し、強力な攻撃力を持っている。実はこの機体は、旧連合軍が開発を行っていた。

装甲はネオ・チタニュウム合金を使用しており、バズーカ、ミサイル、ビームキャノン、ダブルガトリングガン等、射撃系武器を多数装備し、高い砲撃力を持つ。これは、バートン財団と関わりのあるガンダムヘビーアームズをモデルにしていると考えられる。また高出力のバーニアを機体各所に設置しているため、鈍重そうな外見とは裏腹に機動性も高い。

外見はあまり似ていないが、実はリーオーの後継機にあたる機体である。またバックパックの交換が容易であるなど、さまざまな点から汎用性に重点が置かれていることが窺える。