スティーヴ・ロッケンフィールド


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

イギリスのしろがね。オックスフォード大学の教授である。
前夫からの虐待に遭っていた妻とその子供のアルとリッチーとともに家庭を営んでいる。
サハラ決戦時、ミサイル攻撃から加藤鳴海を守るため、自らが犠牲となって脱出カプセルを動かす。
「帰ってリッチーの劇を見る」という約束をしており、それを知った鳴海はなんとしてでもロッケンフィールドを助けようとした。
ギィ・クリストフ・レッシュとも面識があり、ディーン・メーストルの出自について話し合っていた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。