白金


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

人形遣いの家に生まれた錬金術師。「人形を人間のように舞わせたい」という命題の探求のため、兄白銀とともにプラハへと渡り、フランシーヌと出逢う。想いを寄せていたのだが、銀の告白を聞いて「自分が酔っ払って寝込んだ祭りの日に銀とフランシーヌが性行為をした」と思い込み、怒り狂ってフランシーヌを拉致する。
度重なる暴行で笑顔を失ったフランシーヌに笑顔を取り戻させようと画策するも、フランシーヌは不治の病に罹ってしまい、金は発狂する。
それからは最古の四人とフランシーヌ人形を作り上げ、フランシーヌを幽閉した復讐のためにクローグ村の住人を虐殺し、それでも笑わなかったフランシーヌ人形の首を絞めて捨てる。以降は永遠の生命を求め、生命の水による人格の転送を編み出し、拉致してきた白家の子供に「生まれ変わり」ディーン・メーストルとなる。その補佐となっているのがしろがね犬である。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。