※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■デイトレンドFXはいかなる相場状況にも対応したデイトレードスタイルの裁量系FX商材です。
裁量系FX商材といっても、エントリー(新規注文)・リミット(利益確定)・ストップロス(損切り)・エグジット(手仕舞い)の全てを明確に定義づけし、どなたでも実践できるようにルール化してありますので、
勝率7割以上(1トレード当たりの数値で、控え目に7割としています。)を誇るデイトレードテクニックを簡単に身に付けることができます。
javascript plugin Error : このプラグインを使うにはこのページの編集権限を「管理者のみ」に設定してください。


注文成り行き

FXの注文方法には、「成り行き注文」「指値注文」「逆指値注文」。
他にも「IFD注文」「OCO注文」「IFO注文」などがあります。
「成り行き注文」とは注文方法の基本です。
リアルタイムに為替相場を見て判断し、自分のタイミングで注文をだすというものです。
成り行き注文をするときには、チャート図と現在のレートをみて判断します。

例えば、ドルが安くなってきたので買う。
逆にドルをもっていて、どんどんレートが上昇してきた。
もうそろそろ下がりそうなので、今このタイミングで売りたい。
このようなとき、すぐに売って利益を確定する。という単純なものです。
取引の「売る」「買う」のボタンひとつで簡単に確定できるのです。
新規注文でも決済注文でも利用できます。

しかし、利益を確定するまでに、若干の時間差があります。
この間に多少の値動きは考えられます。
確定するまで本当にいくらのレートだったのかわからないということです。
もしもこの間に、大きな値動きがあったら。
証拠金を割り切るくらいの損失になってしまうこともあるのです。
その場合は注文がキャンセルされてしまうかもしれません。
特別大きな値動きはそう起こるものではありません。
たいていは数銭の値動きです。

成り行き注文は、一度注文を出すと取り消しができません。
注意が必要です。
成り行き注文には、このようなデメリットもあります。
しかし急いで注文をしたいときに便利です。
特に急いでいないときは、指値注文の方が便利です。

FXリンク集




山根亜希子の実践FXリスク回避術 ダイジェスト



無料プレゼント


最新経済ニュース



- -