密告書


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

密告書
 告訴状記載の伊藤刑事は、十一月十日の晩取調の筋ありと称して又々告訴人を洲崎警察署に引致拘禁し私かに本件に関して取調を為し翌十一日朝釈放したるに、其事署長の耳に入り大に叱責されたる故同僚某々刑事を以て告訴人に此事だけは是非秘密にして呉れと懇願謝罪し来り告訴人も止むなく之を快諾したる由、誠に不届至極の畜生に付右事実告訴代理人より私かに密告候也
 大正八年十一月十八日    山崎今朝彌
東京区裁判所検事局 御中
<山崎今朝弥著、弁護士大安売に収録>
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。