第38回新春かくし芸大会


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

新春かくし芸大会>第38回(2001年)

本放送:2001年1月1日(月)

司会

  • 堺正章(総合司会)
  • 内村光良(中立)
  • 南原清隆(ヤングチームキャプテン)
  • 笑福亭鶴瓶(アダルトチームキャプテン)

審査員

  • 植木等
  • 森光子
  • 山本寛斎
  • 家田荘子
  • 木村大作

演目

オープニング

サルティンバンコで超超超バンジー!!

 モーニング娘。

ヤングチーム

(1)郷土芸能・銭太鼓でドーン!

 ホンジャマカ、U-turn、千秋、ドロンズ、やるせなす、ホーム・チーム、ジョビジョバ、ポプラ並木、シャカ、ビーム、Over Drive、18KIN、ゴリけん、EE JUMP、矢作美樹、METAMO、中沢純子、佐藤江梨子、Folder5、須藤温子、Z-1、乙葉、坂井ひろみ、松田樹里、野仲美貴、加藤明日美、Ace File、南奈央、田部けい子

(2)あみと恭子のAKチャート

 鈴木あみ、深田恭子

(3)ダンボールエンジェル

 観月ありさ、神田うの、河相我聞、ふかわりょう、ビビる、アンバランス

(4)女神降臨の鼓

 優香、ネプチューン、ダンディ坂野、大隅いちろう、ダブルブッキング、火災報知器、パラシュート部隊、朝倉由紀乃、飯野あかね、飯野あゆみ、井口麻美、臼井静、小野寺麻郁、橋爪しのぶ、松本範子

(5)Stick Juggler

 中山秀征、佐藤藍子、内山理名、セイン・カミュ

アダルトチーム

(1)東京サルサ

 山田邦子、マルシア、原千晶、清水アキラ、モト冬樹、大沢健、TIM、オセロ、ピーピングトム、安西ひろこ、アクシャン、乾貴美子、安藤亮司、周防玲子、川村亜紀、金子さやか

(2)おじさまメルヘンワールド アラビアン・ダンスサイト

 谷啓、藤村俊二、岡田眞澄、高木ブー、ガッツ石松、大塚範一、飯島直子

(3)スガティンバンコ2001

 橋田壽賀子、泉ピン子、松本明子、えなりかずき

(4)トリオ・ザ・漫才2

 鈴木紗理奈、筧利夫、真中瞳

(5)堺正章 流星之舞

 堺正章

応援

ハラぱら応援団

(最終第5対戦の前に実施)
 酒井彩名、平山綾、堀越のり、野村恵里、西端さおり、ダチョウ倶楽部、飯島愛、バカリズム、ホメゴロシ

飛び入り応援

(第4対戦の前に実施)
 キャイ〜ン、有坂来瞳

番組スポンサー

  • キリンビール
  • 朝日新聞
  • アサヒビール
  • 大塚製薬
  • カネボウ
  • カルビー
  • コカ・コーラ
  • 大和証券グループ
  • パソナ
  • マツダ
  • 三菱自動車
  • RICOH

備考

視聴率について

  • 両チームへの応援合戦が始まる。しかし、視聴率は裏番組のTBS『スポーツマンNo.1決定戦』に抜かれてしまった。(2005年まで続く)

番組について

  • 前年に続き、「辛口審査」を実施。前年よりさらに悪化してしまい、アダルトの1回戦でマルシアがあまりの低得点でショックで途中退場の事態を起きてしまい、審査員から家田・山本・木村の3氏を降板。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

メニュー





FNSの日

放送リスト

+ 「テレビ夢列島」時代

+ 「平成教育テレビ」時代

+ 「FNS27時間テレビ」時代(1990年代)

+ 「FNS27時間テレビ」時代(2000年代)

+ 「FNS27時間テレビ」時代(2010年代)

+ レギュラー番組のFNSの日スペシャル版



新春かくし芸大会