第43回新春かくし芸大会


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

新春かくし芸大会>第43回(2006年)

放送:2006年1月1日(日)18:00~21:24

概要

  • この回のテーマは「女のかくし芸」
  • 1996年以来、10年ぶりに3時間半放送となった。

司会・審査員

  • 総合司会
    • みのもんた
  • 進行
    • 内田恭子アナ(東軍)
    • 高島彩アナ(西軍)
  • 審査員
    • 谷啓
    • 井筒和幸(映画監督)
    • 松坂慶子(女優)
    • 萬田久子(女優)
    • 諸見里しのぶ(女子プロゴルファー)

演目

西軍

(1)踊る花嫁~女の幸せ~

  • 杉田かおる

(2)


(3)大奥三味線


(4)自転車男


(5)ひとりオーケストラ


東軍

(1)スウィート・ボーイズ


(2)ヤングマン・コロシアム


(3)炎のジャグラー


(4)スーパーリズムタップ


(5)マチャおじさんの最優秀個人ショー!!


特別チャレンジ演目

DEAD or ALIVE ~奇跡の爆破スタント~


備考

全体について

  • 十周年ぶり平成では初の両軍優勝となった。演目では50点満点を2演目あった東軍が勝っていたが、応援合戦(ジャイアント相撲)では逆に西軍が4勝3敗と勝ち数が多かった為、最終的には得点が同点だった。

視聴率について

  • 視聴率は当時歴代最低の12.4%と記録した。
    • この年の元日・同時間帯トップだったのはテレビ朝日で自称占い師で宗教家の細木数子をメインに起用した「細木数子の緊急大予言」だった。
      • その年のテレビ朝日は9月28日に東京国税局の税務調査を受け、2005年3月期までの3年間で約1億5000万円の申告漏れを指摘されていた事が発覚。そのうち約1億3000万円は、情報番組等の下請け制作会社等への架空の外注費と判明し、国税局は「悪質な所得隠し」と認定。所得隠しに関与した編成制作局チーフプロデューサーを懲戒解雇処分とした。(同時に担当した番組を降板)さらに「2006 世界バレー」などTBSテレビの番組などに視聴率が低迷。さらに翌年も細木数子メインの番組を放送すると思いきや裏番組に出演など一時期、迷走した。
    • フジテレビの3ヶ日のバラエティ特番は後番組の「ココリコミラクルタイプ」でも11%と他の番組も全体的に低調で、この年の1月3日に放送した「さんタク」の16.3%が最高だった。

再放送について

  • 特別チャレンジ演目に出演したボビー・オロゴンが所属事務所内での暴行事件を起こした事を受け、ボビーの出演部分をカットした。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

メニュー





FNSの日

放送リスト

+「テレビ夢列島」時代
「テレビ夢列島」時代

+「平成教育テレビ」時代
「平成教育テレビ」時代

+「FNS27時間テレビ」時代(1990年代)
「FNS27時間テレビ」時代(1990年代)

+「FNS27時間テレビ」時代(2000年代)
「FNS27時間テレビ」時代(2000年代)

+「FNS27時間テレビ」時代(2010年代)
「FNS27時間テレビ」時代(2010年代)

+レギュラー番組のFNSの日スペシャル版
レギュラー番組の
FNSの日スペシャル版



新春かくし芸大会