ファイナルファンタジーIV(召喚)

FFシリーズ四作目。
この作品で召喚魔法を使えるのは、カルト的な人気を誇るリディアただ一人である。
バロン王(に化けていたカイナッツォ)の策略によって、現存する召喚師はリディア一人だけになってしまったからだ。
幼少時のリディアが使える召喚魔法は「チョコボ」だけだったが、
後に時間の流れが違う幻獣界に流れ着いた事でリディアは成長して、また多くの幻獣と友達になったらしい。
そのためセシル達と再び合流した時は多くの召喚魔法を使える。
リディアは黒魔法のエキスパートでもあり、状況によって使い分ける事になる。
余談だが、FF4では一部の雑魚敵が極稀にレアアイテムとして召喚魔法取得用のアイテムを落とす事もあり、レアアイテムハンターを燃え上がらせた。

シヴァ

その他画像
使用技
ダイヤモンドダスト:敵全体に氷属性魔法。消費MP30
備考
成長して合流した時に持っている召喚魔法。
氷属性が弱点の敵が多い時は「ブリザガ」よりも効率が良いだろう。

アスラ

その他画像
使用技
ケアルダ:味方全体を回復する。ランダムに出る。消費MP50
プロテス:味方全体の防御力を上げる。ランダムに出る。消費MP50
レイズ:味方全体を蘇生する。ランダムに出る。消費MP50
備考
幻獣界の王妃。幻獣界の王であるリヴァイアサンの妻。
倒すとリディアが「アスラ」を使えるようになる。
主に全体回復魔法で援護してくれるが三つの使用技の内、出るかはランダムである。

シルフ



その他画像
使用技
風のささやき:敵一体のHPを吸収して、味方全員のHPを回復する。消費MP25
備考
地下世界のシルフの洞窟に住んでいる。
バブイルの塔で負傷し、目を覚まさないヤンを看病していた。
その後、ファーブル城のヤンの奥さんから「あいのフライパン」を借りてヤンをぶん殴ると、ヤンが目を覚ます。
ヤンが目覚めると、シルフ達もリディアに力を貸してくれる。
かなり使い勝手が良い召喚魔法で、溜めターンも短く、消費MPのコストも低く、威力もそこそこで回復効果も期待出来る。
単体攻撃というのも地味に有効で、バブイルの巨人で戦う制御システム達との戦いでは特にその恩恵が感じられる。
ちなみにシルフを入手する前にフースーヤを月で仲間にすると、バブイルの巨人突入の際にヤンが復活してしまい
シルフが入手出来なくなるので、フースーヤを仲間にする前にシルフを入手しておこう。
名前:
コメント: