聖剣伝説3

ゲーム概要
スクウェアのアクションRPGの第三作。6人の主人公キャラと、彼らを取り巻くストーリーが魅力的であり、今も支持の高い作品である。グラフィックの美しさも、流石はSFC時代のスクウェアといえよう。
あまり難しい要素のない、比較的遊びやすい作りであるが、反面アクションRPGにしてはアクション性が薄いとも言われている部分もある。

アルテナ兵

その他画像
攻撃方法
ファイアーボール:火属性の攻撃魔法。単体用を使用する
アイススマッシュ:水属性の攻撃魔法。単体用を使用する
語録
備考
魔法王国のアルテナの魔法使い兵士。全てが女性で構成されているようだ。
実際は戦闘することができない。攻撃方法で列挙した攻撃は、イベント中で使った魔法攻撃を列挙しているに過ぎない。
大地の裂け目でマシンゴーレムをけしかけてきたり、フォルセナに攻め込んできたりと、敵対的に活躍する部分は結構ある。

カーミラ

その他画像
攻撃方法
ドレインキス:強攻撃
うっふんプリプリ:最大HP値を減少させる。単体に対して使用。
たまに、通常攻撃をくらうと猛毒状態にされる。
語録
備考
古代から綿々と受け継がれている、吸血鬼一族の末裔。カーミラの牙に掛かると、生命力を抜かれてしまう。
NTT出版の攻略本には「バットム召喚」という技を使ってくると記載されているが、実際は使用してはこないらしい。また、同攻略本には「うっふんぷりぷり」と記載されているが、ゲーム中の正しい名称は「うっふんプリプリ」である。

カーミラクイーン

その他画像
攻撃方法
うっふんプリプリ:最大HP値を減少させる。全体に対して使用
ブラッディダンス:強攻撃
語録
備考
吸血鬼の中でも、高い攻撃力と地位を持つタイプ。鋭い爪を武器に、夜毎犠牲者を求め彷徨い歩くという。
うっふんプリプリに関する情報は、カーミラの項を参照。

ギャルビー

その他画像
攻撃方法
語録
備考
雌のみで構成される、アマゾネス・ビー族の少女戦士。臀部についた針ではなく槍を持って闘いに挑む。
NTT出版の攻略本には「旋風槍」を使うと記載されているが、実際は使用してこないようである。

クインビー

その他画像
攻撃方法
パワーアップ:攻撃力をUPさせる。自身に対して使用
プロテクトアップ:防御力をUPさせる。自身に対して使用
マインドアップ:魔法攻撃力をUPさせる。自身に対して使用
スピードアップ:すばやさをUPさせる。自身に対して使用
光弾槍:全体攻撃
ビービー召喚:全体攻撃
語録
備考
アマゾネス・ビー族の中で、女王の次に高い位を持つ戦士たち。殺人蜂を召喚し、敵を襲わせることができる。

セイレーン

その他画像
攻撃方法
メロディ:最大HPダウン。広範囲。
マヒ羽根飛ばし:沈黙にさせる。広範囲。
通常攻撃をくらうと、たまに沈黙状態になる。
語録
備考
美しい外観に、悪魔の心を宿した鳥人。聞いた者の心を惑わせる、美しくも恐ろしい歌声を持っている。

ハーピー

その他画像
攻撃方法
カギヅメドレイン:強攻撃
通常攻撃をくらうと、たまに沈黙状態になる
語録
備考
疾風や竜巻を操ることができるという、風の力を司る鳥人。その鋭い爪を使って、執拗に獲物に襲い掛かる。

レディビー

その他画像
攻撃方法
プロテクトアップ:防御力をUPさせる。自身に使用。
パワーアップ:攻撃力をUPさせる。自身に使用。
マインドアップ:魔法攻撃力をUPさせる。自身に使用。
スピードアップ:すばやさをUPさせる。自身に使用。
真空波動槍:全体攻撃。しかけてくる確立は低い。
語録
備考
ギャルビーよりも戦闘経験が豊富な、大人の女戦士。槍の扱いに長け、自らの能力を上げる、魔法を使う。

美獣

その他画像
攻撃方法
ボディチェンジ:チビっこ状態になる。全体に対してしかけてくる。
ムーンセイバー:与えたダメージと同等のHPを吸い取るようになる。
ルナティック:最大HP値を減少させる。
エナジーボール:クリティカルヒット率を上昇させる。
ハーフバニッシュ:HPを半減させる
ローズハイクロー:強攻撃
ラミアンナーガ:全体に対してダメージ
ファイアーボール:実際の戦闘時には使わないが、イーグルにトドメを刺すイベントで使用
語録
「ふふふ、ボウヤ達、世の中には知らない方がいい事だってたくさんあるのよ」
「アーハッハッハ、ばかな子だね!」
「イザベラか・・・ ホホホ、そういえば、そう名乗っていた事もあったっけ?」
「おっと、それ以上近づくと、この小娘を炎の中に投げ捨てるよ!」
「黒の貴公子様は、私が命に代えてもお守りする! あの人は私の全て…」
「人間共が消え浄化された大地に、我ら魔界の王子、よみがえった黒の貴公子様が君臨されるのだ!」
「私は、あの人の閉ざされた闇より暗い心を 開いてあげたかった……」
備考
砂の要塞ナバールにて、首領フレイムカーンに取り入っている女性。フレイムカーンの命の恩人ということになっている。しかし実際はフレムカーンを術で操っていた。勘付いたホークアイとイーグルに仲間との密会の現場を目撃された彼女は、イーグルを術で狂わせてホークアイと戦わせ、イーグルは命を落とす。更にイザベラはホークアイにイーグル殺しの罪をかぶせ、イーグルの妹ジェシカに死の首輪を付けさせた。ホークアイがナバール脱出後は操ったフレイムカーンを筆頭にさせてローラントに侵攻する。
本名は「美獣」であり、イザベラは偽名。本性はと邪眼の伯爵と共に暗躍している、黒の貴公子の手のものであり、黒の貴公子を復活させる為にマナの聖域への扉を開こうとしている。
火のマナストーン解放時には、ジェシカを盾にとってパーティの動きを止めようとしたが、ニキータのダーツに横槍を入れられてしまい、ジェシカを解放してしまう。しかし、しっかりとマナストーンのエネルギーは解放した。ジェシカを火のマナストーンまで持ってきたのはマナストーン解放の禁呪のいけにえにするつもりだったのだが、代わりにビルとベンの魂を使い、解放を可能にした。
ホークアイ・リース主人公の場合、マナの剣を抜いた主人公たちの前からフェアリーを誘拐し、砂の要塞ナバールに来るようにと残して、姿を消す。ナバールの到着した主人公たちから、フェアリーーの命と交換にマナの剣を奪い、聖域の扉を開かんとして命を落とした黒の貴公子をよみがえらせようとした。その際、マナの剣に暗黒の力を宿すことを彼女がやっている。
彼女は黒の貴公子の不憫なる生い立ちに同情し、彼の心を救おうとしていた女性であることを、ダークキャッスルでの決戦後に話して聞かせた。
ちなみに、シャルロットは「おっぱいぼよよん」だからイザベラを嫌っているそうだw

ゼーブル・ファー

その他画像
攻撃方法
再生:本体出現と同時に、両側の顔を復活させる。
ヘルサザンクロス:ゼーブル・ファーの必殺技。全体攻撃。再生の直後には必ず使ってくる。
デス・スペル:即死させる
グレートデーモン:単体攻撃魔法。グレートデーモンを召喚して攻撃させる。
ダークフォース:闇属性の攻撃魔法。全体に対して使用してくる。
語録
備考
すべての闇を司る、3身1体の恐るべき妖魔。左の顔は物理的パワーを、右の顔は魔力を、また正面の顔は破壊と混沌をもたらす。
デュラン・アンジェラシナリオではドラゴンズホール、ホークアイ・リースシナリオでは暗闇の洞窟、ケヴィン・シャルロットシナリオでは幻惑のジャングルで出現する、闇の神獣。神獣としては最後に戦闘することになる。
  • カーミラのダメージ受けたときの表情がエロかった記憶が -- 名無しさん (2007-11-26 14:16:17)
  • カーミラ萌え〜! -- 七星双破斬 (2008-05-07 08:43:37)
  • ツェンカーは? -- 名無しさん (2008-06-12 20:29:03)
  • ギャルビーの旋風槍は一度だけ見た事ある。 -- 名無しさん (2010-01-21 23:44:00)
  • ギャルビー系の頭って虫そのものだと思ってたらかぶりものだったんだね -- 名無しさん (2012-05-06 16:36:33)
  • ツェンカーとミスポルムがいないな -- 名無しさん (2012-08-04 06:55:28)
名前:
コメント: