エスプガルーダII

ゲーム概要
2005年にCAVEが発売した縦スクロールSTG。
エスプガルーダの続編。
前作から3年後。シンラに代わって世界を支配しようとしたソーマとの戦いを書く。
キャラは前作のアゲハ・タテハの兄妹に加え、通常時は弱めだけど覚聖時が強いサディスト娘・アサギが追加された。
システムも、前回の覚聖システムに、発動中に敵を倒すと大量の打ち返し弾を撃ってくる「覚聖絶死界」が追加された。
難易度が抑え目だった前作に比べ、難易度は上がってる。
また前作以上に、キャラに対して力を入れているような節がある。
女敵とは関係ないが「ウェッハ」の愛称で親しまれる「マダラ」は、そのボイスで多くのシュータ達の心を掴んだ。

ジャノメ

その他画像
攻撃方法
語録
「えくっ・・うくっ・・ツバメっ。よくもっ!私のツバメをぉ!」

「それっ!」

「これからは、ずっと一緒なの・・・」

「いつでもいいよっ!ツバメっ」

「これが本物の、そして究極のガルーダ!!
 湧き上がる力と快感…す、凄い、凄すぎる!」(クジャク時のセリフ)
備考
3面ボス。11歳。
ソーマ王国の姫で、1面ボスのツバメ王子の姉。
ツバメと共に実験体にされるが、ガルーダにはなりえなかった。
右目に聖霊石を持ち、ツバメと同様ガルーダローブを装備している。
1面でボロボロにされたツバメの復讐にやって来る。
そのロリボイスは「萌える」という声と「ウザイ」という声の両方があり、賛否両論だった。
最終面ではツバメと融合を果たし、真ガルーダ「クジャク」としてラスボスとなる。
ツバメの「お姉ちゃん。イクよっ!」のボイスもあってか、近親相姦を連想させる。

セセリ

その他画像
攻撃方法
語録
「ずっとこの時を待っていた・・・必ず死なすっ!!」

「消しとべぇ!」

「ハウゥンッ!」

「お父様・・ゴメンナサイ・・」
備考
5面ボス。15歳。
前作から引き続いての登場。
前作で瀕死になってる所を、ソーマによって救われた。
アゲハとタテハへの憎悪は決して消えず、生前に父ジャコウが用意したドレスを身に纏って登場する。
棒読みセリフで有名だった前作とは打って変わり、気合が入った「必ず死なすっ!!」が印象的。
前作に比べて圧倒的に強くなったと言われる(流石にPS2版のアレンジモードのセセリには劣るが)
全身を機械化している。
倒すと画面に「お父様・・ゴメンナサイ・・」のメッセージが表示され、
涙を流して機械の体が露出するセセリのカットイン(その他画像の右)が表示されてから爆発する。
なお、条件を満たすと「憎悪に満ちたセセリ」とパワーアップして登場する。

アサギクローン

その他画像
攻撃方法
語録
備考
6面ザコ。
倒すと絶叫と血しぶきが舞い上がる。
前作や「エスプレイド」のアリスクローンのオマージュだろう。
名前:
コメント: