字幕 ~フィガス王国東部の湿原 魔物のアジト~
【ファイラシーン・敗者の宿命】
奪われた風のクリスタルに、フィガス軍魔導軍団長ラキシアスは
己の全魔力を賭して封印を施した。その封印を解き方を知るものは彼しか知らず
彼を自白させるための恐ろしい拷問が続いていた。が、その拷問は急に方向を変える
今回の事件を謀った魔物の親玉メリュジーヌにより捕虜の兵士たちは一同に集められ
ニンフやトラベラーなどの女敵により、癒しの拷問・酒池肉林の逆レイプが繰り広げられる
メリュジーヌより直々に癒しの拷問を受けながら、自分や部下たちの精気が吸われてゆく中、
ラキシアスは部下の命を救うためクリスタルの封印を解く

場転。字幕 ~フィガス王国東部の湿原~

FF6のナルシェ戦のような配置になっている湿原ダンジョンを
パルキオ隊とミランダ隊のふたつを操作して敵を撃破していく
敵部隊を7隊撃破すると……

パルキオ:くっ、やはり手ごわいな! どこまで持つことか
     ジークさんは、うまくやってくれているだろうか……?

場転。不気味なダンジョン。激しい光と、空間が破られるエフェクト

ジーク:とうっ!

ジークが空間の穴から出てきて、剣を構える。ちょっとかっこつけてみたりする

ジーク:フッ、私も錆付いたものだ
    これしきの障壁を斬り破る剣に、両腕が要るとはな
    魔力の障壁でこれだけの空間を作るとは、この敵、相当デキる様だ
    だが邪気眼を持たぬ者など、この私の前にあっては
    あたりのついていないよっちゃんいかも同然……

ジーク頭上「!」アイコン。右の方から女敵2体が来る

敵A:バカな!? 侵入者よ!
ジーク:ちょ! 「バカな侵入者」は言い過ぎだろ
    もうちょっとオブラートに包んでだな
敵B:なんかぶつぶつ言ってるわ。キモ~い
   こいつ、出てきたときもひとりでぶつぶつ喋ってたよ
敵AB:キモ~い!!

ジーク頭上アイコン「…」字幕
  (キモいって言われて本気で興奮できるようになったら本物だ
   ああ。俺、まだまだなんだな……。邪気目……持ってるのに
   正直辛い……。苦しいよ、おかあさん)

敵A:ずっと黙ってるよこいつ
敵B:やだぁ、何考えててるかわかんないし
敵AB:キモ~い。アハハハっ!
敵B:おい、なんか言えよ侵入者
ジーク:……邪気眼を持たぬものにはわかるまい
敵A:は? キモいこと言ってんじゃね~よ
ジーク:黙れアルティメットブサイクA! ……離れろ
    死にたくなかったら早く俺から離れろ!
敵A:だ、誰がアルティメットブサイクよ! わけわかんないんだけどこいつ
敵B:でも面白くない? アレな意味で。ハハッ!
   おい、見せてみてよ邪気眼野郎

闇の力っぽい効果。敵AB頭上アイコン「!」。ホラー系のBGM

ジーク:ククク…… コンドノ贄ハ キサマラカ……?

敵A:……!? 
敵B:こ、この禍々しい気、やばいよ……。ねえ、やばいよ!?
ジーク:冗談に決まってるだろアルティメットブサイクB
    出川みてえな声出しやがって。ヤバイヨー ネー ヤバイヨー!?
    (´_ゝ`)プッ 何が魔物だ。流石はゴキブリの親戚wwww
敵B:ふ、ふざけんなキモ野郎!
   こんなやつさっさと殺っちゃいましょう!
敵A:ええ!

戦闘開始

ジーク:……あの力を前にしてもわからなかったか?
    いじめられる人間の気持ちが
敵B:わかるわけないでしょ? お前たち貧弱な人間の気持ちなんて
敵A:その弱さがキモいのよ。増えるばかりで、力もないくせに!
ジーク(相変わらず勘違い甚だしいな
    その勘違いが、1000年前にも貴様等の敗北を招いたっつーのに)
敵A:なんとか言ったらどうなの?

敵の攻撃エフェクト。SE、剣撃音~味方回避音

敵A:なにっ!?
ジーク:できる男は語らないのさ。
    まあ俺は……例外的によく喋るんだがな!

味方攻撃エフェクト・全体斬り。敵A撃破。そのまま戦闘続行。戦闘終了後↓

敵A:あ……ぁ!
ジーク:まだやんの? けっこう気ぃ遣ったんだぞ
    女の体に傷跡残すのは、あんまりだし
    あ、外見綺麗なまま内臓全部ぐっちゃとか、意外と簡単だからw
敵B:やめてお願い! 命だけは助けて! もう人間をいじめたりしないから!
ジーク:これはよい心がけで。……っておい泣くなよ
    泣かせた俺が変態みたいに言われるじゃん
    もうすぐフィガスの本隊が来る。大人しく降伏しとけ
    ここから動かないほうがいい
    仲間に知らせても、時間稼ぎにもならねえぞ
    ま、俺もお前らのボスにゃ負けるかもしんないから、それ期待すれば?
    余計なことすっと死ぬぞ。命は大事にな
敵A:うっうっ……。はぁい

空間の穴からパルキオとミランダが入ってくる

ジーク:おう、お疲れ
パルキオ:無事でしたかジークさん!
ジーク:うん。ちょっといじめられたけど
ミランダ:行くぞ。もたもたしている暇はない
ジーク:他のみんなは?
パルキオ:まだ戦っています。早くクリスタルを奪い返しましょう!
ジーク:おう!

三人、ダンジョン奥へ。ダンジョンを進むと
クリスタルを安置している部屋でメリュジーヌと対峙

メリュ:遅かったわね……。クリスタルの封印、ちょうど今解けたところよ
    なかなか苦労させてくれたわ
ミランダ:残念だったな。その苦労もここで水の泡だ
パルキオ:クリスタル、返してもらうっ!
メリュ:それはできないわ。クリスタルの意味……あなたたち人間には重すぎるのよ

炎のエフェクト

パルキオ:うわぁっ!
ミランダ:くっ! なんという魔力……だが!

ミランダ、斬りかかる。バリアに阻まれ吹き飛ばされ

ジーク:あ~、こりゃ俺でもかなわないわ。じゃ、そうゆうことで
ミランダ:貴様、何を考えている!?
ジーク:何をって、見りゃわかるだろ
メリュ:逃げられると思っているの?
ジーク:あ、ボス戦か! 無理じゃん!
パルキオ:今気づいたんですか
ジーク:うん
メリュ(……なんなの、この緊張感のない奴等は)
ジーク:お前、今俺たちのこと、緊張感のないイケメンだと思っただろ
メリュ:ええ、思ったわ。そちらは王子様でしょう、彼についてはね
    でもあなたは……緊張感が欠けているだけの
ジーク:道交法違反だと言いたいのかー!! 道路交通法違反だと?
    立ってるだけで犯罪!? 俺に見とれたマダムや女子高生が
    つぎつぎと交通事故を起こすからか!?
メリュ:……この男、いつもこんな感じなの?
パルキオ:いや……その……
ミランダ:そうだ。構うときりがない
ジーク:いつもじゃないじゃん! なんか意味深なテロップとかでるじゃん!
    なあ王子様、俺かっこいいときゃかっこいいよな?
パルキオ:それは、う~ん
ジーク:オイ!
ミランダ:魔物の親玉よ、今から我等は貴様に戦いを挑む
     殺すなら私からと言いたかったが、まずこいつから殺してくれるか?
ジーク:オイ!!
メリュ:いいわ。そうしましょう。ここまで攻め込むことができたご褒美よ
ジーク:オオオオオオい!! ふざけんな!
    この牙城切り崩したのダレよ!?
    ご褒美だと!? Fack!? なんだその態度!
パルキオ:わかってますよ。だからクリスタルを取り戻すんです
     ジークさんと、それを認める僕たちの力で!
ジーク:うまくまとめたね~。いい王様になるぞ、パルキオ陛下
ミランダ:いくぞ!
メリュ:愚かね。ここで果てると知りながら!

戦闘。メリュジーヌのHPを20%以下にすると戦闘終了

パルキオ:ぐあっ! なんて強さだ。僕たちじゃとても……
ミランダ:ふ、不覚!
メリュ(はぁ はぁ 魔力が……。あのフィガスの隊長から吸った
    膨大な魔力が、もう尽きようとしている!?
    王子や女はともかく……この男、何者だというの?
    剣からの手ごたえが感じられない
    なのに、私の身体がこんなに疲弊するとは……)
ジーク:あー痛い痛い。こら~、へばるなよ~
    足引っ張るんだったら帰っとけ。死ぬぞ
ミランダ:私とて、これでも副兵団長だ!
     ここで引いては所詮女との名折れ。引くわけにはいかない!
パルキオ:僕が引いたら誰がジークさんを回復するんですか
     借金まみれのジークさんじゃ、ポーション代、バカにならないでしょう?

ジーク頭上アイコン「…」

ジーク:……隠れてないで出てきな

闇のエフェクト。メリュジーヌの後ろにバルバリシア出現

メリュ:……! バルバリシアね。何のつもりかしら?
バル:ほっほっほほほ……。如何にも。風のバルバリシア、ここに
パルキオ:敵の新手!? まずいよ、このままでも勝てるかどうかなのに
メリュ:相変わらずしたたかね。封印が解けた今、姿を現すなんて
バル:待っていたのは封印だけではありませんわ
   こうやってあなたが疲弊するのをね!

メリュジーヌに風のエフェクト。メリュジーヌは回避

メリュ:見くびられたものね。その程度の攻撃なんて
バル:今のは当てるための攻撃ではないわ
   あなたの自慢の魔法障壁……今日は繰り出してこないのかしら?

メリュ頭上「!」アイコン

バル:ほほほっ……ほーっほっほっ! 目障りなのよ、下衆な蛇女が!

イベント戦闘、メリュジーヌ対バルバリシア。4ターンすると↓
メリュジーヌ、倒れたグラフィック

バル:無様ですこと……。所詮四天王にはなれないあなたでは、やはりその程度ね
メリュ:・・・・!
バル:死ぬがいい!

ジーク、メリュジーヌを庇い剣でエフェクトを受け止める

バル:無粋な人間風情が、女の戦いに割って入るか
ジーク:どうせ割って入るなら、女の胸のせめぎ合いと願いたかったがな
    目の前で殺生な真似するんじゃねえ。気分が悪くなる
バル:何の真似かと思えば……
   人間という生き物の考えることはつくづく分らないわ
   安心なさい、気分が悪くなる前に貴様らもここで

ジークに邪気眼のエフェクト

ジーク:無下な殺生は俺だけに許された行為だ
    人でも魔物でも……増して神の息がかかった馬鹿共に許される行為じゃねえ
バル(な、なんだこの男……!? まあいいでしょう
   目障りな女にとどめは刺し損ねたけど、そう長くは持たない
   クリスタルを持ち帰ることの方が、今は大事ね……)
ジーク:ん~ どうしても殺したいってゆうんだったら
    俺にDSとPSP両方買って、それから今日の晩御飯は
    エビフライとハンバーグとお寿司!
    あと、おっぱいは片方は隠したまま
バル:……クリスタルは頂いていくわ

バルバリシア、風のクリスタルを奪って消える

パルキオ:ああっ! クリスタルが!
ジーク:あ、こらまておっぱい! クリスタル返せ! 
    これじゃ家帰っても寝れねえじゃねえか! ちゅっちゅさせろ!

頭上アイコン ジーク「グシャグシャ」 パルキオ「汗」 ミランダ「怒」

メリュ:うっ……!
ミランダ:そうだこの魔物、まだ生きているぞ
メリュ:おのれ……バルバリシア……
    私は……こんなところで死ぬのね……
    殺すなら早く殺しなさい
    あの高慢な女の鼻をへし折ってやれなかったのは、残念だけど……
ジーク:王子様、こいつのこと回復できるか?
メリュ(!?)
ミランダ:貴様、何を考えている!?
ジーク:捕虜の居場所に敵さんの目的。聞かなきゃなんないこと、けっこう有るだろ?
ミランダ:そんなことは承知している!
     下っ端の魔物にでも吐かせればいいことだろう。この魔物は危険だ!
ジーク:俺は軍人じゃねえからな。訓練所のルールは知らねえ
    が、戦場のルールなら知ってる
    戦場で、最後まで立ってたやつの意向は絶対だ。生と死の次は、必ずな

ミランダ頭上アイコン「…」

パルキオ:ジークさん、回復してあげることについては構わないんですが
     さっきの戦いで、もう僕の魔力も……
パルキオ:王子!?
ジーク:ありゃ~。そんな感じはしてたが。ま、しゃあない
    使うか……。もったいない。あーもったいない……ホレ

『ジークは隠し持っていたフェニックスの尾を使った!』

メリュ:……なんのつもり? フフ、私の身体をもてあそぶ気かしら
ジーク:寝首かく類以外でご所望なら、喜んでってとこだけどな
    そうじゃねえ。聞きたいことがある
メリュ:……捕虜ならそこの奥よ。安心しなさい、殺してはいないわ
    身体の方は相当元気にしてあげたけど、
    心はすっかり溶けてしまったようね
    魔導士の隊長なんてかわいいわよ
    私を見るとすぐ股間に手を伸ばして、部下の目の前で、あんなことまで
ミランダ(ラキシアス……!)
パルキオ:クリスタルは? クリスタルはどこに?
メリュ:クリスタルの在り処なら知らないわ
    見たでしょう、私の無様な姿を。私は利用されたのよ
    クリスタルの意味はおまえたち人間には重すぎる
    でもね、人間共がクリスタルを手にしたところで
    その意味は知れたこと
    あの女にとってのクリスタル意味は、私にとって遥かに厄介なの
    無力な人間が利用するのとは、比べ物にならないわ
パルキオ:ど、どうゆうこと?
ジーク:つまり……直線上の点Pがとりうる数値を2x-6yと置くだろ
    その場合、鎌倉幕府成立の年数を明確に定義すると
    一発屋芸人のネタってのは、別に完成度が高くなくていいわけだ
    だから来年の夏は冷夏だと判断はできない。そんな感じじゃないか?
パルキオ:なあんだ、そうゆうことか って余計分からないですよ
ジーク:ごめん、俺もわかんない。……しかしだ
    クリスタルを取り戻さなければいけない状況に変わりはない
    これはみんなわかるよな? 俺は正直どうでもいいけど
パルキオ:クリスタルを追わなきゃ! でも、どうやって……
メリュ:クリスタルの在り処は分からない
    ……でもバルバリシアの居場所なら分かるわ
パルキオ:えっ?
メリュ:恐らくは儀式の塔にいるのでしょう。カオス継承の、儀式の塔に
ジーク:カオス? フッ、俺と同じか……。あの女、相当な中2病のようだな
パルキオ:違いますよ。伝説の4体の魔物のことです。そっち方面じゃなく
ジーク:あ、そう。邪気眼を持たない者はすぐ普通のツッコミをするんだな
    なぁ蛇。ツンツン
メリュ:四大クリスタルには、それぞれ地水火風の強大な魔力が
ジーク:蛇まで無視かよ。……ハッ! これが“無”の力って奴か!?
メリュ:魔力……いえ、魔力という言葉に収まりきらない“力”がある
    無知な人間でもそれぐらい知っているでしょう?
    バルバリシアは、カオスを継ぐ気なのよ。クリスタルの“力”を用いて
ミランダ:カオスだと……。そんな、伝説上の存在になると?
メリュ:人間共にとっては伝説でも、私たちにとってはただの既成事実よ
    クリスタルの封印、その中にはカオスの封印もある
    もっとも本体の封印ではなく、魂の封印だけど
    魂が蘇ればカオスの継承はできる
    一時的にでも、カオスに並ぶことができればね
    クリスタルの“力”を借りれば、バルバリシア程の魔物なら可能なこと
    後は時が熟すのみよ
    カオスの力は絶大。全ての魔物の頂点に立つことも容易いでしょうね
ミランダ(そこまで話すか。この女、なにか目的があると見るが……)
パルキオ:それって大変なことじゃないですか
     止めなきゃ! なんとしても
メリュ:ただの人間の力で太刀打ちできると思っているの?
パルキオ:でも、行かなきゃならない。それにジークさんもいる
ジーク:えー! まだやるのかよ
パルキオ:クリスタルを取り戻すまで力を貸すって誓ったじゃないですか
ジーク:ちっ。一瞬でもクリスタル触っとくんだった
    これじゃゴネるにゴネられねえ
メリュ:人間の力では到底敵わないでしょう
    でも、……私なら戦える。互角以上にね
パルキオ:えっ?
ジーク:さっき負けたじゃん
メリュ:負け惜しみを言わせてもらえば、全力の私とならいい勝負だったわ
    むしろ私の方が、魔力の特性上バルバリシアより遥かに優位なの
    だからバルバリシアは、何らかの隙が出来るのを狙っていた
    封印解除の代償で、私が弱るのでも狙っていたんでしょう
    ところがこの通りよ、あなた達に思わぬ苦戦をしたおかげでね
    私が驚いた分、あの女は、ほくそ笑んだ
ジーク:まどろっこしいな。なにがしたいんだお前は
メリュ:……バルバリシアに借りを返したいのよ
ジーク:ふ~ん。喫茶店でコーヒー代でも立て替えてもらったの?
パルキオ:いやいやOLじゃないんですから
メリュ:そんな仲じゃないわ。因果よ。人間に理解できるものではない
    バルバリシアは私の手で討つべき……
    望みは違えど、あなたちはこうして私にチャンスを作った
    あなたたちにも借りを返さなきゃいけないわね
    私はあの女を討ち、あなたたちはクリスタルを取り戻す
    おかしな話じゃないでしょう?
ミランダ:魔物の内輪揉めに手を貸せと?
     都合のいい話だ。都合が良すぎる
ジーク:綺麗なお姉さんは、裏がありますか? ってCMもあるしな
パルキオ:ありませんよそんなCM
ジーク:ないか。でも綺麗なお姉さんの裏ビ

ミランダ、ジークを刺す。ジーク消えてから復活

ジーク:いって~! 殺すことないじゃん!? 一機減ったぞもったいねえ
ミランダ:赤キノコと間違えて、ベニテングタケ食ってそのまま死ね
メリュ:このメリュジーヌ。魔物の中ではそれなりに高貴な眷属の身よ
    それこそ、あの女のような小汚い真似はしないわ
    風のカオス継承の時はもうすぐ熟そうとしている
    あなたたち人間にも、時間はないのよ
パルキオ:ひとつ尋ねたい。クリスタルを奪う気は
     もう僕たちと傷つけあう気は……ないのですね?
ジーク:俺も尋ねたい。童貞を奪う気は
    俺たちと乳繰りあう気は

ミランダ、ジークを刺す。ジーク消えてから復活

メリュ:もう手出しはしないわ。どの道、ここで果てた身なのだから
パルキオ:……いいでしょう。力を合わせましょう
ミランダ:王子!? 魔物に手を貸すというのですか!
     ……いえ、これもまた英断
     この魔物と組むのならば、私はフィガスの背後を守るまでです
     しかし兵は納得するでしょうか?
パルキオ:事実は伏せておきます。しかし時は一刻一秒を争う
     僕もフィガス王家……風の守りの民だ
     なんとなくわかってたんだ。言い知れない不安があった
     メリュジーヌさんの話を聞いて、その不安の正体が分かった
     彼女の真意はわからないよ。でも、これがベストだと思う
ジーク:敵の居場所がいきなりわかれば、手探りよりは断然楽だしな
    罠だとしても、その罠も利用してこそデキる策士。なあみっちゃん?

ミランダ頭上「…」アイコン

ミランダ(悔しいが、この馬鹿の言うとおりだ。
     そもそもこの馬鹿が来なければ、このフィガスは
     敵の策に嵌るまでもなく滅びていた……
     それにしても、魔物と組むというのは……)
パルキオ:幸いメリュジーヌさんは、人間と大差無い姿をしている
     化けるまでも無いですね。その……服さえ着てくれれば
ジーク:蛇は?
メリュ:この子たちは蛇竜よ。蛇じゃないわ
    これは魔力で生み出した使い魔。魔力に戻せば私の中に戻せる
    ……こんなふうにね

メリュジーヌ、蛇なしグラに

パルキオ:わわっ! そんな格好!
ジーク:俺は見えそうで見えない方がいいな
    それを俺の手でずらしたりとか
ミランダ:王子、まずは捕虜の救出を
パルキオ:そうだ。みんな、無事だろうか……

暗転。音楽F・O

  捕らえられていたフィガスの兵達は、総員無事に救出された
  クリスタルこそ戻らなかったが、失われたフィガスの総戦力は戻ろうとしている
  クリスタルを奪った新たなる敵のことは兵たちに伝えられたが
  メリュジーヌへの処遇については伏せられた
  その身柄は素性を偽り、城内にてミランダに預けられることとなった
  翌日、王子パルキオはクリスタル奪還に向け
  メリュジーヌを交え、次なる手を講じるための会議を開いたのだった