ティンクルスタースプライツ

ゲーム概要
ネオジオで稼動していた、『対戦型』と言う珍しいタイプのシューティング。
パズルゲームのように画面が縦に二段に分かれており、その中で敵を連続して倒すことによって、相手に攻撃弾を送り込み、ライフを削って0にしたほうが勝ちとなるのがルール。様々な駆け引き要素があり、溜め撃ちでゲージの最大まで溜めて放つことで、敵にボスを送り込む『ボスアタック』や、打ち返された攻撃弾を更に打ち返すことで特殊な攻撃弾を送り込む『エキストラアタック』等。弾幕ゲー的な回避要素もあったりと、白熱したゲーム内容となっている。
ゲームの進行は、コミカルで、戦闘中はボイスが入って賑やかである。

ダークラン

その他画像

攻撃方法
ダークマジカルショット:溜め撃ち。貫通力のある、直線型のオーソドックスなため撃ち。
ダラビボム:エキストラアタック。逆放物線状に相手画面に飛び、その後炸裂する。
スペシャルダークラビ:ボスアタック。でっかいウサギっぽいボスを召喚する。
ダークネス・スター:ボム。険悪な顔をした星が画面一杯に表示されるようなボム。
語録
「シカトぶっこくんじゃないわよ!!」
「私はメヴィウス様が造って下さった”ダークラン”!!」
「全ての面であなたを上まわっているのよ!」
「アハハッ、 情けない顔ね。」
「さて、次の相手は誰かしら?」
「次はこの程度じゃ すまないわ!!」
「フンッ、たいしたことないじゃん!」
備考
5面の対戦相手。悪の帝王メヴィウスが土から造った、ランの分身。
肩書きは「暗黒のスプライト」。魔法力、腕力、視力その他、全ての面でランを上回っている。ストーリーモード中では、ラビキャット(ロード・ランのお供のウサギとネコの中間みたいなヤツ)が胸について言及している部分があるが、実際少し大きいらしい。性格や外見はランと正反対な娘である。
全ての面で上回る、とは言え、性能はロード・ランと似通っており、扱うときはロード・ランと同じ感覚で良い。
ちなみに、通常では彼女を使うことはできないが、隠しコマンドによって操作可能になる。

メモリー女王

その他画像


攻撃方法
スプラッシュバウンド:溜め撃ち。画面を数回バウンドする、巨大な丸いエネルギーボールを最大4つ飛ばす。
フーズ:エキストラアタック。敵画面へワープし、相手をねらって加速しながら直進する。
A・D・ケーキ:ボスアタック。ケーキのようなボスを召喚する。
アストラルヴィジョン:ボム。巨大な自分のアップが現れ、ウインクするエフェクトのボム。
語録
「フッ! 伝説の”スプライツ”になっても私の魔力に勝てると思って?」
「私の心にめぐる物、ケーキ、のり巻き、サンドイッチ・・・」
「さっき食べてから5分もたったから、おなかがすきましたわ。」
「あぁ、お城に帰って 納豆チャーハンでもたべたいわ」
「ゴハン、ごはん、御飯、ああっ おなかすきましたわー!!」
備考
主人公、ロード・ランの実の母親である。ダーク・エンパイヤの悪の帝王、メヴィウスによって洗脳され、ラストボスとして戦ってくる。
肩書きは「マジカルクィーン」。年齢は30歳、血液型はO型。大食漢であり、ご飯を食べるのが趣味で、いつも食べることばかり考えている。その趣味が攻撃に反映している。
性格はおしとやかでのんびり屋、そのあまりにのんびり屋な性格ゆえに、たやすく洗脳されてしまったらしい。しかし、あまりにのんびり過ぎて、自分が洗脳されたことすら忘れており、なんとなく戦っているようだ。
性能はラスボスだけに、恐ろしく高い。特に溜めうちの強さは尋常ではなく、ひたすらこれを撃っていれば、大抵はなんとかなってしまう。
ノーコンテニューで彼女と戦うと、正にコンピューターといった動きで、次々と攻撃を回避してくるため、戦闘が長引きやすい。
彼女も隠しコマンドによって操作可能となる。
  • あやつられても食べることしか考えないなんて・・・、ラスボス失格だぞ、おい! -- ダイナ (2009-08-15 11:15:55)
名前:
コメント: