演出@wiki

涼宮ハルヒの憂鬱(2006年版)

言わずと知れた大ヒット作であり、インターネット上での爆発的なアニメブームの口火を切った記念碑的作品でもあろう。監督は石原立也で制作は京都アニメーション。2006年放映の第1期のみシリーズ演出として山本寛が参加している。
当時のアニメブログ界隈ではTVアニメをキャプチャー画像を交え各話エピソード毎に解説、批評することが主流となりつつあった過渡期であり、本作も例外なくこぞって取り上げられた。
中でもEDおよびサイドエピソードの多くを担当したヤマカンこと山本寛の演出回は殊更に注目を集め、結果的に作品のヒットに少なからず貢献したと言われる。本作の成果により業界内外で山本は一躍知名度を上げ、一気にスターダムにのし上がっていく。
また京都アニメーション本体においても当時のTVシリーズとしては破格といっても過言ではない、その映像クオリティーの高さが大いに話題となった。