※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

守りの剣関連シナリオソース(竜篭公開シナリオ)


●説明
このシナリオソースは導入と主題テーマとなる部分のソースのみを提示するものです。
どの帯でも対応できるようになっていますので、適宜展開を考えて使ってください。
(なお、シナリオの都合上15000点以上からを推奨とします。)

また、卓名称もGMが自由に考えていただければ結構です。

●導入
ある日の竜の篭に以下のような依頼が張られます。
=============================
○依頼内容:護衛(道中往復+現地)
○拘束期間:1週間程度見込み(片道各3日+現地1日滞在予定)
○報酬:応相談   ※PLレベルに合わせて調整してください。
○依頼人、依頼目的などの詳細は店主ロディまで
=============================
この依頼文については、セッション告知時に掲載してもかまいません。

●主題テーマとなるソース
○この依頼は、守りの剣の再充填儀式に向かう一行の道中と現地における儀式中の護衛の依頼です。
 依頼人は神殿などを中心に適宜設定してください。

○儀式の目的地、守りの剣の設置場所は任意で設定してください。守りの剣が1本のみ設置されている小さな町や村を設定するのが良いでしょう。
 また、必ずしも街中である必要はありません。

○守りの剣の再充填儀式には「神官」「魔動機師」が少なくとも各1名必要です。
 これは、神官が儀式を執り行っている間、魔動機師が儀式用の魔動機を操作をする必要が
 あるためです。 

○守りの剣の再充填儀式には冒険者の店を通じて集めた「剣の欠片」が大量に使われます。 

○守りの剣の再充填儀式の間は、蛮族&アンデッド避けの結界の力が著しく弱くなります。
 また、儀式には1~数時間程度かかるものとして扱ってください。

○守りの剣の再充填儀式は神殿などにより定期的に行われているものとします。

○守りの剣の再充填儀式の詳細は「剣をつぐもの」を参考にしてもよいでしょう。

シナリオの展開やその他の設定はGMが自由に考えてください。