※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ベイオネットアームズグループ系列

クセニア運送/クセニア宅

所有者クセニア  有能な金庫番 :赤いスーツのダンディ

  • 所在地
ルキスラ帝国首都ルキスラ南門ライダーギルドすぐ隣

  • 外観
三階建ての大きな屋敷。裏手に大きな倉庫と車庫。

  • 内装
【1F】
受付
仕事の依頼はこちらに。赤いスーツのダンディがお出迎えします。
ダーレスブルグでもフェンディルでも、果てはレーゼルドーン大陸からルーフェリアまで何処へでも運送致します。

応接間
大きな仕事、話が必要な仕事ならばこちらでお相手致します。
豪華な装飾に、広く居心地の良い雰囲気の部屋となっております。

事務室、休憩室
事務仕事を行う部屋です。机が多く置かれていますが、部屋が広いため圧迫感はまるでなく。
キッチンも用意されており、ソファーなども含めて従業員の休憩スペースにもなっているようです。

社長室
クセニア社長が(珍しく)会社の仕事をする場合はこちらで仕事をします。
といっても社長はほとんど金庫番に任せっきりであり、仕事があっても書類にサインなどですが。

WC

【2F】
クセニアの部屋
ベッドやタンス、本棚などを除けば物はあまりないほうだが、冒険で手に入れたものが置いてあったり。
最近は服が増えてきた。ほとんどもらいものだったりするけど。
本も結構増えてきたけど、Dの部屋に持ってかれてたりDの部屋から持ってきてたりと整理できてなさげ。

Dの部屋
クセニアの家の一部屋にいつの間にか移住していた。娯楽用の本やら魔動機が置いてある。
最近は衣装棚が増えた模様。こまめに掃除はしているらしい。

空き部屋
大きな屋敷を二人で使ってるだけあって、空き部屋は多数存在。同居希望者いれば声をかけてください。

ダイニングキッチン
大きなダイニングキッチン。台所も大きければ食事をするテーブルも大きい。
と言ってもすべて使うのはパーティの時くらいなもので、普段は必要最低限しか使われていない。
クセニアとDが作ったり食べたりする空間。一人暮らしよりずっと楽しいとのこと。

洗面台、更衣室、浴場
洗面台は普通の大きさ。大きくても困るし。更衣室に繋がっており、そのまま浴場に繋がっている。
浴場はこれまた広い浴場。人がたくさん来てもみんなで入れるようにと大きいのにしたらしい。
銭湯くらいの大きさがあって泳げるくらい。でも一人二人で入るにはちょっと大きすぎるか

WC

【3F】
リビング
くつろぐには十分すぎるやたら広いリビング。ソファーやテーブルと一緒にクセニアとDの暇つぶしが転がってたり。
人がたくさん来ても大丈夫なように収納には布団が大量に置かれてる。
パーティをする時はこのリビングを使い、布団を並べてみんなで寝るのがクセニアの楽しみの一つらしい。

テラス
リビングの南北から出れるテラス。それぞれテーブルとチェアが完備されており、バーベキューもできるほど広い。
北側のテラスからは遮蔽なくルキスラ城、そしてルキスラが一望できる。竜の篭、竜の宿り木も見えるらしい。
南側のテラスからはすぐ隣のライダーギルド、近くのベイオネットアームズ、ルキスラ南門、そして神の頂きが見える。

空き部屋
現状リビング(+テラス)しかない3F。2F以上に空き部屋だらけ。でも先に2Fを埋めたいとも思う。

WC

【裏手】
大きな倉庫
受け付けた荷物はこちらで一時お預かりします。
仕分けを終えた後、すみやかに各地へ運送致します。

車庫
ライダーギルドとの共有車庫。
キャリッジ、魔動バイク、高性能魔動バイク、スカイバイクが格納されてる。
管理・メンテナンスはライダーギルド側で行っている。

  • 備考
ライダーギルドと業務提携
金庫番が掃除もやってるとかなんとか

  • 取引先

 ・アルフレート宅
 ・他、竜の篭の冒険者の住宅

  • 社員
<ロストテクノロジーの使い手>ウサ&ギー
とある遺跡の管理人として魔動機文明アル・メナス時代から生き続けているタビット
ウサは通常サイズで白いもふもふ、ギーは身長2m近くの茶色のもふもふ
ウサは自称「IQ1300の天才科学者」。ギーはその助手にして義兄弟の契りを交わした間柄・・・らしい
ちなみにギーは「キュー」としか話せないが、ウサには何を言ってるかわかるらしい
遺跡の探索に訪れた社長他五名を魔動機「ゴブシリーズ」で応戦するが、全ての魔動機を破壊されてあえなく捕獲
半ば拉致同然に以後の行動を共にし、結局ルキスラまでやってきてしまった
クセニア運送の従業員として働くことになったが、意外とまんざらでも無さそうだ。
現在はクーマンの手の者に拉致されオーバーテクノロジーを駆使した魔動機械の製作を強要?される
という事件があった関係で、マギテック協会に出向という形で預かりの身になる。