※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

<縛鎖の雌竜>ラプンツェル(ドレイクバロネス/女/44歳)

「あはは、かーわいっ♪食べちゃいたいくらい」

スリーサイズ :88/57/85

蛮族側の『悪夢の物語』によりこちら側の世界にでてきてしまったラプンツェル。
物語時間で30年程閉じ込められたまま、外側に出てきてしまった。
本人曰く「気づいたら草原で寝転んでた」。
緩くウェーブのかかった紫のロングヘアーが自慢。
性格的には軽いねーちゃんで、露出多め。

左手に手錠を嵌めており、片方を自分の右手にも嵌めることで、物語の力を具現化する事が可能。
効果は「目視できる相手を拘束する」というもの。
自らの経験に基づくものなので、あまり積極的に使用しようとはしない。

蛮族側の『悪夢の物語』監視の代表であるが、あまり内側からの協力は得られない模様。
これには蛮族側の文化レベルが低いせいもあるが、その為、マリシャスを初めとする人族側の有識者達に協力を仰ぐこともしばしば。
最初は抵抗があったようだが、現在は人族にも偏見は無くなって来ている。

ダルクレム信者であり、操霊魔法は行使できない。
竜化時に使う剣はディフェンダー(専用)であり、ちょっとだけ防御が厚い。
好戦的のように見えるが、後方支援の方が好みなのである。

竜化すると、鱗に鎖のような模様が痣として浮かび上がっている灰竜の姿になる。
この状態では、ブレスに封縛の呪いが宿るが、総じて効果は低下する。
可愛くないので、この姿は嫌いらしい。

  • コネクション
顔見知り:50 / 友人:200 / 貴重な友人:500

  • 関係者

  • キャラクター性能
+ ...



名前:
コメント:


作成者:蒼衣