※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カウンター
[PR] 占い

パチンコ産業ではアニメやテレビドラマ、映画、芸能人などを用いた「版権パチンコ」が集客の売りになっている。

業界推計では年間100機種以上の新型機の8割は版権モノ。

大手の三洋物産の独自作「海物語」を除き、版権モノに人気が集中しているのが現状だ。
版権モノの登場は90年代後半と、比較的歴史が浅い。

液晶画面が搭載されたことにより映像コンテンツが求められるようになり、「北斗の拳」のパチスロ機が累計60万台の大ヒットとなり、ブレークの火付け役となった。続いて04年のフィールズが投入したパチンコ機「エヴァンゲリオン」が12.5万台を記録した。

このブームで潤ったのはメーカーやホールだけではなく、版権保有者たち。

既にアニメ放映が終了していた「エヴァンゲリオン」はパチンコ化を機に新規のファン層が拡大。

DVD販売やレンタルなどの関連ビジネスが潤った。

「あしたのジョー」の版権を管理する講談社は「告知効果の観点から戦略的に許諾した」と語る。
しかし、このブームもネタ枯れに直面している。

有力なコンテンツは既に使用されつくし、パチンコ化に抵抗が強い版権保有者も多い。

「超人気アニメ『ドラゴンボール』は各社が打診したが、原作者の鳥山明氏が首を縦に振らない」とあるメーカー幹部は語る。

 「自分のかわいい子(作品)を犯罪組織に金で売る馬鹿がどこにいる」と先生が言っておられると聞く。

ギャンブルなんかに染まらないで。