公務員講座


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

公務員試験は、教養科目と専門科目からなります。
教養試験でも2つの分野に分かれています。



知識編

自然科学・人文科学・社会科学からなります。
日本史・世界史・地理・政治経済・倫理・美術史・化学・物理・地学・生物
上記の科目を必須としますが、意外と簡単なので安心してください。
一度取ってみて、どういうものか把握しておく必要はあるかと思います。

知能編

知能編は、文章理解・数的処理・資料解釈
国語・英語・数学
上記の科目を必須とします。
数的処理は、意外と点数が取れないので対策が必要となってきます。
なのでぜひ取っておいた方が良いと思います。

専門科目

憲法・民法・行政法・経済学など
公務員試験特有の問題があるので一回受けてみると良いかも。


対策

短期で合格することも出来ますが、しっかりと対策することが重要になってきます。
①教養科目の対策
1,2年生では、知能編、特に数的処理の対策をしていき、
3,4年生で、知識編をやり始めると良いでしょう(暗記科目は忘れやすいので。)

②専門科目の対策
1,2年生は、まだ専門科目を習って間もないので講義をしっかりと受けること。
3,4年生で、過去問を解くなど。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。