※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

51 :1/3:2009/01/23(金) 14:45:45 ID:soc1p9Gf0
バッツ「お~い、今日のフレアロードショウは“ラピュタ”だってよ~」
ティーダ「おお!いいっスね!」
ジタン「飛行石を巡る冒険活劇!!俺もあんなお宝ゲットしたいぜ!」
クラウド「興味ないな」
スコール「…」
バッツ「あら、乗り気じゃない方が若干名」
ティーダ「じゃあみんな何が好きなんだ?」
WOL「一番人気があるやつをDVDで上映するのが良いだろう」

WOL「私はナウシカだな、ユパ殿に学びたい事がある」
スコール「!?(剣聖という名のバランスブレイカーにでもなるつもりか?)」
フリオ「俺もナウシカが一番だな…(最近まで姫様が生足だと思っていましたサーセンwww)」

オニオン「僕はトトロかな~」
フリオ「お子ちゃまだなぁねぎ坊主は」
ティナ「あ、私もトトロ!(トトロやネコバスでもふもふしたい~!)」
フリオ「なん… だと…」


52 :2/3:2009/01/23(金) 14:47:00 ID:soc1p9Gf0
クラウド「ぽんぽこだな(人間の身勝手な工事で多摩のライフストリームが…)」
スコール「魔女宅一択!!」
ミッシー「私も魔女宅に一票…昔をおもいだすわぁ トンボには立派な魔女の騎士になってもらいたいものね」
スコール「!?(どこから湧いて出た)」
雲「わしはもののけ姫じゃなデイダラの暴走、しびれるのう。 ミッシーも昔はキキのように初々しかったのか?」
ミッシー「いまもですがなにか?」

セシル「僕は紅の豚かな。育て親が主人公に似てるんだ」
ゴル兄「ふむ、セシルが勧めるのならそれにしようか。(仲むつまじい兄弟姉妹ものは涙が…)」

バッツ「おいおいみんな!?やっぱラピュタだろう!?なあジタン?」
ジタン「スマン、バッツ オレはカリオストロがいい おじさまの盗みっぷり 憧れるぜ!」
ガーランド「うむ!思わず攫いたくなるのうクラリスは!」
先生「ファファファ なにを言うかラピュタを守り続けた彼女こそ至高!」
スコール「!?(でっかい木の事か?)」
先生「ファファファ 左様!!彼女の一途さ・セクシーさは凡人には分かるまい!!」
バッツ「なんだかわかんねーけど一票増えた!」
皇帝「ふむ、今度作る我が軍の大戦艦はゴリアテで決まりだな」
ティーダ「皇帝はムスカっぽっスからね 高圧的な態度とか 勘違いとか 生え際とか」
皇帝「何だと貴様!!逃げまどえ!!」
WOL「光よ!!」ピカッ!!
皇帝「ウボァ~!(目が~)ウボァ~!(目が~)」


53 :3/3:2009/01/23(金) 14:48:23 ID:soc1p9Gf0
クジャ「ど~でもいいよ~」
ジタン「ちゃんと自分の意見を言えよ」
クジャ「めんどくさいな~炭坑がクリスタルワールドっぽいからラピュタにするよ」

セフィロス「約束の地はカントリーロードの向こうに…」

ティーダ「さてと、俺はもののけっスね。アシタカのまっすぐさが好感もてるっス!親父は?」
親父「オレ様はそんな漫画なんか見ねえよ!!」
  ~若い親父「オレ!!絶対!ザナルカンドに行って!ブリッツキングになるから!そしたらお前に…」
   ティーダ母「待ってるわ…」
        カントリーロ~ド♪ この道~♪~
親父「と、とにかく見ねえよ!!」
ティーダ「なに赤くなってんスか?」
親父「だまれ!小僧!」
ティーダ「もののけに一票~♪」

ケフカ「日垂るの墓が一番面白いよ~ 爆撃シーンが 楽しくて 楽しくて♪最高のギャグアニメだよね♪」
一同「腐ってやがる…」

バッツ「と、いうわけで結果は… 4票取ったラピュタです よっしゃー」


54 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/23(金) 14:49:52 ID:soc1p9Gf0

ここまでで力つきた

俺きめえwww スマン



55 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/23(金) 14:57:03 ID:yn5IzjOs0
ジタン「天空に浮かぶ孤島か・・・」
ティーダ「どうしたんすかジタン、浮かない顔して」
ジタン「いや、よく似たところでよくゲームオーバーになった思い出が・・・」


56 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/23(金) 15:26:28 ID:qq3rCeoW0
次元城に根っこ張れば先生ラピュタになれんじゃね?


57 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/23(金) 15:30:46 ID:LRokCBvIO
 
エクスデス「セフィロスよ、お前にちなんだ俳句を考えてみた」
 
セフィロス「俳句?くだらん」
 
エクスデス「獄門や デジョン飛び込む 無常だな」
 
セフィロス「……」


58 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/23(金) 15:48:27 ID:eW5qbx1v0
道場や
相手のブレイブ
コピーするも
ブレイク中だよ
愚か者めが



59 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/23(金) 15:48:56 ID:w+QBkr0m0
ところでなんでのばらは童帝って呼ばれてるん?
原作のラミアのくだり?



60 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/23(金) 15:52:20 ID:ufdmhJjaO
>>52
確かに凡「人」にはわからんw


61 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/23(金) 15:52:30 ID:bq+xSjgP0
>皇帝「ウボァ~!(目が~)ウボァ~!(目が~)」
噴いたwww


62 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/23(金) 15:56:53 ID:mI/Z4X1HO
>>59
そのとおり


63 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/23(金) 15:57:18 ID:PLeOYp7zO
ファファファ
ファファファファファ
ファファファ


64 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/23(金) 16:21:27 ID:4hYIXC3q0
>>55
なつかしいww


65 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/23(金) 16:22:20 ID:q/txhD75O
>>57
似たようなネタがどこかにあったなw

「獄門を決めるとそこはデジョントラップであった。」


66 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/23(金) 16:33:24 ID:1IYmdYldO
雲「のうミッシー、不意打ちで時間止めてグサリ!とかやらんのか?」
ミッシー「それは美学に反しますね。切り札はここぞという時以外軽々しく使うものではないでしょう」
雲「そうかのう……いやな、わしがネギ坊主共を不意打ちでまとめて吹き飛ばそうとしたらケフカに止められてな」
ミッシー「それは意外ですね、彼にも美学があったんでしょうか」
雲「男の浪漫というやつかのう?」
ミッシー「そうですね……ええ、浪漫があるんですよ」
バッツ(……)


バッツ「いた!おーい!」
ジタン「バッツ、探したぞ!」
バッツ「ゴメン、悪かったな……って、それより聞いてくれ、大変なんだ!」
スコール「何かあったのか!?」

バッツ「ミッシーが言ってたんだ、『エロ漫画あるんですよ』って!」
ジタン「何ぃ!?」
スコール(魔女のイメージが……orz)


67 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/23(金) 16:54:38 ID:cs+9bUbE0
先生「見たいならわしのをかしてやろう」つ
バッツ「ラッキー!どれタイトルは・・・」
ジタン「受粉の仕組み(小学館)・・・ハァ」
スコール「(予想道理か・・・)


68 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/23(金) 17:00:24 ID:XnARoYv10
獄門を決めるとそこはデジョントラップであった。デジョンの底が白くなった。ブレイブの増加が止まった。(バハムート使用)


69 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/23(金) 17:06:24 ID:nl/ig0tZ0
セフィロスはピチュンした。
必ず、かの邪智暴虐のデジョンを除かなければならぬと決意した。
セフィロスには獄門以外のHP技がわからぬ。
メロスは、ソルジャーのクラス1stである。
刀を持ち、上からピチュンして暮らしていた。
けれども下にあるデジョンに対しては、人一倍に鈍感であった。
きょう未明セフィロスは星の体内の上から落ちし、レールを超え足場を超え、十メートルはなれたこのデジョンにピチュンした。
セフィロスには、母がいた。十六の、内気なクラウドとリユニオンした。
このクラウドは、ディシディアの或る律気なコスモスサイドを、近々、花婿として迎える事になっていた。
結婚式も間近かなのである。
セフィロスは、それゆえ、花嫁の衣裳やら会員カードやらを作りに、はるばるショップにピチュン。


70 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/23(金) 17:09:57 ID:mtSa0HJr0
ミシア「今日の授業は『受粉のしくみ』よ~」

レノ・サイファー「イエーーーイ☆」


71 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/23(金) 17:14:58 ID:nl/ig0tZ0
先ず、その素材を拾い集め、それから次元城をぶらぶら歩いた。
セフィロスには竹馬の友があった。
エクスデスである。
今は此の次元城で、道場を開いている。その友を、これから訪ねてみるつもりなのだ。
久しく逢わなかったのだから、訪ねて行くのが楽しみである。
歩いているうちにセフィロスは、まちの様子を怪しく思った。
ひっそりしている。
もう既にフレアも跳ね返され、皇帝のウボァーは当りまえだが、けれども、なんだか、フレアのせいばかりでは無く、市全体が、やけに寂しい。
のんきなセフィロスも、だんだん不安になって来た。
路で逢った若い玉葱をつかまえて、何かあったのか、二年まえに此の城に来たときは、夜でも皆が獄門をして、デジョンは何時でもピチュンしたが、と質問した。
玉葱は、首を振って答えなかった。
しばらく歩いてバッツに逢い、こんどはもっと、語勢を強くして質問した。
バッツは答えなかった。
セフィロスは刀でバッツを八刀一閃して質問を重ねた。
バッツは、あたりをはばかる声で、わずか答えた。
「道は選ぶなwwwww作るんだwwwwwww」
「なぜピチュンするのだ。」
「落ち込むなwwwwww次がwwwwwあるってwwwwwww」
「たくさんの人をデジョンに叩き落したのか。」
「行くぞwwwwwwww輝きの世界をwwwwwwwwwww」
「闇に落ちるか・・・」
「またどこかでwwww必ずwwwww会えwwwwwるwwwwさwwwwwww」
聞いて、セフィロスはピチュンした。「呆れたカオスだ。絶望を送ろう。」


72 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/23(金) 17:22:37 ID:eX/MifU7O
落ちれセフィロスかwww


73 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/23(金) 17:34:20 ID:bCbRoonAO
バッツまったくはばかってねぇwww


74 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/23(金) 17:41:49 ID:euCZi1GJO
「静まれ、静まれぃ!この兜が目に入らぬか!こちらにおわす御方を
どなたと心得る!恐れ多くもアルケイディア帝国ジャッジマスター
ガブラス公にあらせられるぞ!
帝国のジャッジ!?ハハーッ!」

バッツ「ガブラス、一人で何やってんだ?」
雲「何じゃ黄門様も知らんのか?」
ティーダ「原作みたいに偉そうにしてみたかったんスよ、きっと」
スコール「ここじゃ半ば犬扱いだからな…」
エクスデス「哀れな…」
皇帝「貴様が言えた口か」


75 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/23(金) 17:53:41 ID:nl/ig0tZ0
セフィロスは、単純な男であった。
居合い切りを、ガードされよろけたところを、そのままジェクトにフルコンボされピチュンした。
たちまち彼は、次元城の門番に捕縛された。
調べられて、セフィロスの懐中からは源氏の刀が出て来たので、騒ぎが大きくなってしまった。
セフィロスは、カオスの前に引き出された。
「内に滾る憎悪をwwwwww解きwwww放て」暴君カオスは静かに、けれども威厳を以て問いつめた。
そのカオスの神罰は避けにくく、激突ダメージもプラスされセフィロスは、あっというまにHP1になった。
「星の体内を暴君の手から救うのだ。」とセフィロスは悪びれずに答えた。
「消えーーいwwwwwwww」王は、憫笑した。
「仕方の無いやつじゃ。おまえには、わしの断罪の避け方がわからぬ。」
「言うな!」とセフィロスは、いきり立ってバックステップしたが、吸引力が強すぎたので避けられなかった。
「人の獄門を避けるのは、最も恥ずべき悪徳だ。カオスは、民のHP攻撃をさえ避けて居られる。」
「避けるのが、正当の心構えなのだと、わしに教えてくれたのは、おまえたちだ。獄門は、あてにならない。星の体内は、もともとピチュンのかたまりさ。信じては、ならぬ。」
暴君は落着いて呟き、ほっと鬼神乱舞した。
「わしだって、EXゲージが欲しかったのだが。」
「なんの為のEXゲージだ。自分のEXバーストを守る為か。」
こんどはセフィロスが嘲笑した。
「無限に召喚獣を使えるくせに、何がEXモードだ。」
「だまれ、下賤の者。」
王は、さっと召喚獣(オメガ)を召喚し、セフィロスのブレイブはあっという間にブレイクされた。
「混沌の果てでは、どんな獄門でもピチュンしない。わしには、お前の腹綿の奥底が見え透いてならぬ。おまえだって、いまに、ブレイブ9999になってから、アルテマウェポンでブレイクしても聞かぬぞ。」
「ああ、王は若本だ。自惚れているがよい。私は、ちゃんとピチュンする覚悟で居るのに。命乞いなど決してしない。ただ、――」
と言いかけて、セフィロスは足もとに視線を落し獄門し、
「ただ、私に獄門をさせたいつもりなら、星の体内3つ分の縦長MAPを与えて下さい。たった一人のクラウドに、女装装備を着せ、絶望を送りたいのです。
 星の体内三つ分のうちに、私は服を着せ、必ず、ここへピチュンします。」


76 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/23(金) 17:55:34 ID:soc1p9Gf0
ジタン「よっしゃー!お宝ゲットだぜ!!」
クジャ「残念!!それは私のお稲荷さんだ!!」
ジタン「ワーォ♪」

スコール「!?www(オタカラブラザーズ)」


77 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/23(金) 18:05:53 ID:IrhDJ9Ly0
そういや最強スレって何処に行ったんだろう?


78 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/23(金) 18:14:33 ID:yn5IzjOs0
>>77
ガーさん「私が最強の戦士と決まったから輪廻をやめた」


79 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/23(金) 18:28:55 ID:pK6l9fjm0
今思えばスレ立てる→雑談→次スレの季節→次スレが立つ→また雑談

これも輪廻


80 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/23(金) 18:32:53 ID:OwfAAxjlO
>>70
攻撃の際「じゅっせ~い」というミッシー


81 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/23(金) 18:38:27 ID:q/txhD75O
国民的アニメ「カオスさん」OP

自分で放ったフレアを 反射され
必死で逃げてく 愉快な皇帝
みんなが笑ってるー コスモスも笑ってるー
「逃ーげmウボアー!」
今日もいいカモだー♪

獄門しようとピチュンと 決まったが
デジョンにハマッて 涙目セフィロス
みんなが笑ってるー カオスも笑ってるー
ルールルルルー
明日もいいカモだー♪


82 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/23(金) 19:00:07 ID:mF262/sTO
>>81
GJ
違和感無さすぎでクソワロタw
こう言うシリーズって良いな


83 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/23(金) 19:09:19 ID:hIsE+ZvmO
>>75
草自重wwwwww
落ちろセフィロス引き込まれたぜピチュン
メロス読みたくなったピチュン


84 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/23(金) 19:27:16 ID:fK6qg51SO
>>38、>>41、>>43

じゃあクラウドはクラウディア


85 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/23(金) 19:27:45 ID:BwnI834HO
落ちろセフィロスが予想以上に面白かったw


86 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/23(金) 19:49:07 ID:sAEdahHGO
>>38、>>41、>>43、>>84
フリオ(ティナたんとハァハァ…ゴクッ)
ティーダ「フリオニールはタントがいいんスね」
フリオ「!?あ、あぁ」
スコール(また何かよからぬことを…)


87 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/23(金) 19:50:46 ID:sAEdahHGO
って>>43はフリオじゃんw
のばらの種買って育てることにするわ


88 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/23(金) 19:56:27 ID:w+QBkr0m0
>>62
遅レスだが㌧クス


89 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/23(金) 20:05:16 ID:yn5IzjOs0
>>87
先生「善哉だな!」

フリオ「俺の夢はのばら咲く平和の世界を作ることなんだ・・・名前はフリオニール帝国(仮)だ」


90 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/23(金) 20:09:31 ID:Hu3oKN4wO
>>38、>>41、>>43、>>84、>>86
セシルはセルシオかな


91 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/23(金) 20:14:49 ID:jKSHc5UWO
じゃあバッツはヴィッツで


92 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/23(金) 20:36:28 ID:35Prs2o0O
コピペだが

俺はジタンなんだが相手が残念な事に玉葱だったので「玉葱をバラバラにするのに理由がいるんですわ?お?」と言うと「見かけで判断するとかお前猿だろ・・・」と言われた。
俺の知り合いがパンツ一丁なのだがこれは関係ない話でただ聞いただけなんだがむかついたので「お前包丁でボコるわ・・」と
言って開始直後にEX開放でダッシュしたら多分リアルでビビったんだろうな、、ガード固めてたから回避キャンセルしてカカッっとスイフトアタックしながらフリーエナジーしたらかなり青ざめてた
おれは一気にEXバーストをしたんだけど玉葱が○連打してたからオートコマンドでガードを崩した上についげきのブレイブブレイクでさらにダメージは加速した。
わざと距離をとり「このまま微塵切り玉葱をカレーにいれてもいいんだが?」というとようやく必死な顔してなんか剣のはしっこから雷出してきた。
おれはダッシュでこれを弾き、これは一歩間違えると派生されて大ダメージを受ける隠し技なので後ろの童貞が拍手し出した。
俺は「うるさい、気が散る。チェリーはだまってテ」というとフリオは黙った
玉葱は必死にやってくるが、時既に時間切れ、EXゲージを溜めた俺にスキはなかった
たまに来るガード゙では防げないHP攻撃もEX弾きで撃退、終わる頃には微塵切りにされた玉葱がいた


93 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/23(金) 20:40:52 ID:pMSSi5kvO
ジブリで思い付いた
♪獄門
獄門 獄門 我が名は セフィロース
獄門 大好きー どんどんデージョーンー
セシルと ティーダと フリオニールー
4人で旅してるけど やっぱり クラウドにー
絶望を 望むならー 贈ろ・う・かー

※DFF文部科学省認定 小4音楽より


94 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/23(金) 20:50:56 ID:euCZi1GJO
となりのファファファ ファファファ
ファファファ ファファファ
森の中に昔から住んでる
となりのファファファ ファファファ
ファファファ ファファファ
子供の時にだけ貴方に訪れる不思議な出会い


95 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/23(金) 21:20:33 ID:UnHpDfKQ0
わたしは無の力を使い手なんだが相手が残念なことにガンブレードを使ってきたので「お前それでいいのか?」と言うと「何いきなり話しかけてきてるわけ?」と言われた。
わたしの宿敵がガンブレードのものまねの熟練者なのだがわたしはいつも勝つから相手が気の毒になったので聞いただけなんだがむかついたので「お前ソードダンスでボコるわ・・・」
と言って開始直後に力を溜めてブラックホールしたら多分リアルでビビったんだろうな、ひるんで動けなかったからファファファッっと磁場転換しながらソードダンスしたらかなり青ざめてた
俺は一気に空中にとんだんだけど相手が硬直してておれの動きを見失ったのか動いてなかったからデルタアタックでガードを崩した上に追撃のグランドクロスでさらにダメージは加速した。
わざと距離をとり「わたしはこのままタイムアップでもいいんだが?」というとようやく必死な顔して剣の先っぽから氷出してきた。
わたしはハイガードで回避、これは一歩間違えるとカウンターで大ダメージを受ける隠し技なので後ろのギャラリーが拍手し出した。
わたしは「うるさい、気が散る。一瞬の油断が命取り」というとギャラリーは黙った。
相手は必死にやってくるが、時既に時間切れ、ハイガードで固めたわたしにスキはなかった。
たまに来るガードで防げない攻撃もEXバーストで撃退、終わるころにはズタズタにされて壁に話しかけてる雑魚がいた



96 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/23(金) 21:25:23 ID:rbS55P0EO
スコール(…おい運転手はどうするんだ)


97 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/23(金) 21:52:24 ID:BwQjRJLY0
>>95
さすがエクスデスの力は無の力といったところかな
敵の攻撃を「なんだこれは?」と防ぎまくるしたまに危ない攻撃も「ほう・・」てオールガードで受け流す
あこがれちゃうなー


98 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/23(金) 21:54:01 ID:nl/ig0tZ0
「ばかな。」と暴君は、嗄れた声で低く笑った。
「とんでもない嘘を言うわい。セフィロスがピチュンしないというのか。」
「そうです。ピチュンしないのです。」セフィロスは必死で言い張った。
「私は約束を守ります。私を、三日間だけ許して下さい。クラウドが、私の帰りを待っているのだ。
そんなに私を信じられないならば、よろしい、この城にエクスデスという道場主がいます。私の無二の友人だ。
あれを、人質としてここに置いて行こう。私が逃げてしまって、三日目の日暮まで、約束の地にピチュンしてこなかったら、あの友人を植えてください。たのむ、そうして下さい。」
それを聞いてカオスは、残虐な気持で、そっと北叟笑んだ。
生意気なことを言うわい。どうせピチュンしないにきまっている。
この嘘つきに騙された振りして、放してやるのも面白い。
そうして身代りの男を、三日目に殺植えてやるのも気味がいい。
道場は、これだからやめられぬと、わしはうれしい顔して、その男のブレイブをコピーして一撃で倒すのだ。
世の中の、マジメに育成する奴輩にうんと見せつけてやりたいものさ。
「願いを、聞いた。その苗木を呼ぶがよい。三日目には日没までにピチュンして来い。おくれたら、その草を、きっと殺すぞ。ちょっとおくれてピチュンするがいい。おまえの獄門は、永遠に地面につかないぞ。」
「なに、何をおっしゃる。」
「はは。ブレイブが大事だったら、地面に着地しろ。おまえの心は、わかっているぞ。」
 メロスは口惜しく、地団駄(じだんだ)踏んだ。ものも言いたくなくなった。


99 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/23(金) 22:01:36 ID:nl/ig0tZ0
竹馬の友、エクスデスは、深夜、王城に召された。暴君カオスの面前で、佳き友と佳き友は、二年ぶりで相逢うた。
セフィロスは、友に一切の事情を語った。
エクスデスは無言でデルタアタックし、セフィロスを吹っ飛ばした。
友と友の間は、それでよかった。
エクスデスは、レベル上げに狩り出された。
セフィロスは、すぐにピチュンした。
初夏、満天の星の体内である。
セフィロスはその夜、一睡もせず十メートルの路を落ちに落ちて、地面へ到着したのは、翌る日の午前、陽は既に高く昇って、コスモスたちは野に出てイミテーションを倒していた。
セフィロスの十六の妹のクラウドも、きょうは兄の代りにピチュンしていた。
よろめいて歩いて来る兄の、疲労困憊の姿を見つけて驚いた。
そうして、うるさく兄に質問を浴びせた。
「なんでも無い。」
セフィロスは無理に絶望を送ろうと努めた。
「城に用事を残して来た。またすぐ城に行かなければならぬ。あす、おまえの結婚式を挙げる。早いほうがよかろう。」
クラウドは頬をあからめた。
「うれしいか。綺麗な衣装と会員カードも作って来た。さあ、これから行って、コスモスたちに知らせて来い。結婚式は、あすだと。」
セフィロスは、また、よろよろと歩き出し、星へ帰ってジェノバの祭壇を飾り、ロングヘアーを調え、間もなく下に獄門し、呼吸もできぬくらいの深いデジョンに落ちてしまった。


100 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2009/01/23(金) 22:02:34 ID:O6nQz+O80
479 名前: 名前が無い@ただの名無しのようだ [sage] 投稿日: 2009/01/23(金) 20:51:44 ID:ytGEfz5/0
替え歌は原曲も説明してほしい
正直元ネタわからんのもあるし