|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

トップページ/2009年11月16日/釣り糸の先は幸福に繋がっている

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
高洲の岸壁。
壁面とテトラポットの隙間に糸をたらした
釣り人に出会う。


弾けるような笑顔で見せてくれたのは
まるまる太った子持ちハゼだった。


(「釣り糸の先は幸福に繋がっている」という素敵な言葉は、以前いただいたcanpachiさんのコメントから引用)


カテゴリ: [耳より情報] - &trackback- 2009年11月16日 18:58:24
  • 行徳にいた時は、ハゼ釣りをしましたね。九州時代は、毎週のように玄界灘へ釣りに行っていました。これも、今となっては遠い昔の事ですが・・。 -- 遊歩人 (2009-11-16 21:23:11)
  • 玄界灘へ釣りに、ってなんかカッコイイですね。私もハゼ釣りはしたことあります。行徳の先の江戸川の橋の袂で、入れ食いでした。でもそのハゼと違ってこの写真のハゼは貴重で美味しいんだそうですよ。 -- nosi (2009-11-18 12:17:53)
名前: コメント:
#blognavi