CMS60609002


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

CMS60609002

 CMSの各種対応を出させていただきます。

f:疫病研究所との連携 = {
 f:メリット ← {
  新型の疫病に関するワクチンや治療薬をいち早く生産することができるようになる。
  流行が予見される感染症のワクチンを増産することで、大流行を防ぐことができる。
  最新の予防メソッドを取り入れることで、感染症対策を大きく発信する事ができる。
 }
 f:デメリット ← {
  連携のためにコストがかかることが予測される。
  #CMSはこれまでの稼ぎがあるため投資も可能かと思います。
 }

 #最近の情勢を見ての行動
 f:温暖化対策 = {
  北国において温暖化が進んでいるように見えるため温暖な気候で流行していた感染症が流入し、流行りやすくなることが予測される。これらに対応する形で北国向けに南で流行しやすい感染症の予防薬、治療薬のストックを厚めに持つ。
 }

 f:周産期医療・小児医療対策 = {
  小児医療は大人のための医療とは違い、必要量から果ては効果の程度がちがうことも多いため、専門教育を充実化させる。
  産科医療は新たな命を扱うという、とても繊細な医療であるため、その担い手を充実させるひつようがある。
  医療系大学をはじめとする医療系学科を持つ学校に投資を行い、周産期医療及び新生児、小児医療の充実を図る。
  特に責任を問われやすい医療であるため、訴訟リスクを下げ原因改善を行いやすい医療保障制度を施行できる体勢をつくるよう働きかける。
 }

 f:出産・子育てキャンペーンへの資金投入について = {
  キャンペーンに資金投入することで、出産子育てがうまくいけば、短期的には出産時の医療から、小児医療の増加などが見込める。長期的には将来医療を受ける人が増えることになるためCMSとしてのチャンスは増加するものと考えられる。
  また対外的にはイメージアップにも繋がるものと考えられる。
 }

 f:医療レベル・文明レベルに合わせた医療の提供 = {
  各国の実情に合わせて、その医療レベル、文明レベルに合わせた医療を提供できるようにする。
  その医療レベルに応じた製品は現地で仕入れ、販売を行う。
 }