医療充実に関するサービス等


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

L:診療所の開設支援 = {
 f:名称 = 診療所の開設支援(イベント)
 f:要点 = 意欲にあふれた医師,地域診療,政策
 f:周辺環境 = 診療所に改装された建物
 f:評価 = なし
 f:特殊 = {
  *診療所の開設支援のイベントカテゴリ = ,,,藩国イベント。
  *診療所の開設支援の位置づけ = ,,,{特殊イベント,自動イベント}。
  *診療所の開設支援の使用制限 = ,,,このイベントを使用するには診療所の開設支援に関する政策を発表しなければならない。この時この政策に用いる予算を組む必要がある。
  *診療所の開設支援の内容1 = ,,,このイベントでは指定地域に<一般診療所>が建設され、その地域の医療に貢献する。
  *診療所の開設支援の内容2 = ,,,このイベントで建設される<一般診療所>の軒数は政策に費やされた予算に応じて決定される。この時設置される場所は医療圏(医療機関が診ることができる人口範囲)が重複しないように設置することが推奨される。
  *診療所の開設支援の資金消費 = ,,,(生産フェイズごとに)資金-1億。
 }
 f:→次のアイドレス = さらなる診療所開設支援(イベント),開業医(職業),病診連携ネットワークの確立(イベント),地域医療情報センター(施設)

L:病診連携ネットワークの確立 = {
 f:名称 = 病診連携ネットワークの確立(イベント)
 f:要点 = 救急搬送するヘリ,連絡する隊員,政策
 f:周辺環境 = 連携する診療所と病院
 f:評価 = なし
 f:特殊 = {
  *病診連携ネットワークの確立のイベントカテゴリ = ,,,世界イベント。
  *病診連携ネットワークの確立の位置づけ = ,,,{特殊イベント,自動イベント}。
  *病診連携ネットワークの確立の使用制限 = ,,,このイベントを使用するには病診連携ネットワークの整備に関する政策を発表しなければならない。
  *病診連携ネットワークの確立の内容1 = ,,,このイベントを行うことで傷病の程度により適切な医療機関が選択されるようになり、医療機関の機能が向上する。
  *病診連携ネットワークの確立の内容2 = ,,,このイベントを行うことで医療圏同士の連携も行われるようになり、医療圏の許容数を越えた場合もスムーズに対処することができる。
 }
 f:→次のアイドレス = 救急医療情報システムの構築(イベント),救急車両の拡充(イベント),医療物資作成の効率化(技術),医療従事者の就労支援(イベント)

L:救急医療情報システムの構築 = {
 f:名称 = 救急医療情報システムの構築(イベント)
 f:要点 = 連絡するスタッフ,モニターに映る配置図,政策
 f:周辺環境 = 災害現場
 f:評価 = なし
 f:特殊 = {
  *救急医療情報システムの構築のイベントカテゴリ = ,,,世界イベント。
  *救急医療情報システムの構築の位置づけ = ,,,{特殊イベント,自動イベント}。
  *救急医療情報システムの構築の使用制限 = ,,,このイベントを使用するには救急医療情報システムの整備に関する政策を発表しなければならない。
  *救急医療情報システムの構築の内容1 = ,,,このイベントを行うことで全国に救急医療情報システムが配備される。
  *救急医療情報システムの構築の内容2 = ,,,このイベントを行うことで救急医療に関する連絡、情報交換が緊密かつ迅速に行われるようになる。
  *救急医療情報システムの構築の内容3 = ,,,システムの整備によって、救急医療に属するヘリや車両は現地への到達が早くなり、より被害を極限することができる。
  *救急医療情報システムの構築の内容4 = ,,,システムの整備によって、救急医療に属するヘリや車両は配備や搬送法がより効率的になり、治療の効率化と救急医療全体のコストダウンを図ることができる。
 }
 f:→次のアイドレス = 全国救急医療隊の組織(イベント),緊急災害派遣(イベント),プライマリ・ヘルスケアの推進(イベント),NWHOの設立(イベント)

キャットバスケットの開示
#キャットバスケットを開示することで帝國におけるドッグバッグの代用をする。
#従来はドッグバッグがキャットバスケットを範にとり作成されているはずですが……。


#診療所の開設支援についての定義
f:診療所の開設支援 = {
 診療所の開設支援とは藩国が資金を出すことにより国内の診療所の新規開設を支援することであり、これらを取ることで一次医療の充実を図ることができる。この開設のノウハウについては医療機器の納入やセールスなどにおいて各国の病院・医院での成功例のを蓄積することによって得た知識を持ってCMSも開業支援を行う。

f:一般診療所 = {
 一般診療所とはいわゆる一般的な疾患をフォローする小規模の診療所のことで、手術を必要としない中程度の傷病までしか扱うことができない。
 側面:重度以上の傷病については高次病院へ転送となるが、術後管理や難病については病診連携が行われている場合には病院の指示の元に診ることができる。
 側面:病院に比べ必要な器具が少なく、開院者の技量による所が多いため、十分な対象患者を得ることができれば、収益性は高くなる。
 側面:病診連携が行われている場合、軽度・中度の傷病は一般診療所で対応できるようになるため、病院は比較的程度の重い患者を重点に診ることができるようになるので、病院の医療圏でカバーできる範囲が広くなる。

f:医療圏 = {
 医療機関が診ることができる人口範囲のこと。
 側面:医療圏が重複する場合、対象となる患者数が限られているためそれぞれの医療機関は必要な患者数を確保できず、収益性は低くなる。
 側面:病診連携により機能分化が進んでいる場合は、一次医療機関、二次医療機関、三次医療機関の間では医療圏の重複による影響は少なくなる。


 #標準患者数
 市民病院 ← 10000人
 診療所  ←  2000人

f:藩国全土への診療所の充足 = {
 藩国全土へ診療所を充足するにはいくつの<医療圏>があれば藩国全土を賄えるかを試算する必要がある。これは ”設定国民数 ÷ 2000 = 必要な診療所の数”となり、これらを設置する為に必要な診療所の数に応じて予算が変わってくる。
 側面:この場合においての必要な診療所とは単独で採算が取れるラインにあるため、比較的少額の補助でも診療所を開設する動機になりうる。

f:診療所の開設支援におけるセプテントリオンの介入対策 = {
 診療所の開設支援においてセプテントリオンの介入が考えられるのは次の点である。
 1 一般診療所の開設資金
 2 一般診療所の開設に伴う医療機関管理
 3 一般診療所の開設者
 4 設立支援するCMSへの介入

 l:信頼性が高い = セプテントリオンの人的、資本的を問わず介入がないことが確認されていること。人的介入に関しては経歴調査を徹底することによりセプテントリオンの影響が無いことを確認し、資本に関しては各国の資金投入及び宰相府の銀行を用いることで、出元のはっきりしている資金を使うことで対処する。

 f:医療機関管理への介入阻止 = {
  医療機関管理についての管理ソフトはセプテントリオンの影響を防ぐために<信頼性が高い>医療系システム作成会社により作成されたものを用いる。管理者についても藩国で<信頼性が高い>担当者を選択する。
  }

 f:一般診療所の開設者に関する介入阻止 = {
  一般診療所の開設者に関する<信頼性が高い>開設者の確保については、開設申請時に提出する申請書に、開設者、スタッフ、使用する機器など一般的に必要かつ影響の確認ができるものを審査の時に確認することで介入を阻止する。
 }

 f:設立支援するCMS自身への介入阻止 = {
  CMS自身は母体を持たず、宰相府への資金依存を行っているため、セプテントリオンの資本的な影響を最小限にすることが対策とすることができる。人的な介入についても主活動場所は宰相府であることを勘案すれば宰相府での研修を義務付けることで、もぐりこんでいたとしてもその場で排除される可能性が高い。
 }

 f:定期的な監視体制 = {
  一般診療所だけではないが、影響に関するチェックは1年に1度の監視の時に同時に行う。ただしこれらの支援についてもCMSがノウハウを提供することで、迅速かつ低負荷で行えるようにし、普通に業務を行っている上では問題がない様心がける。
 }


#病診連携ネットワークの確立についての定義
f:病診連携ネットワークの確立 = {
 病診連携ネットワークの確立とは一次から三次までの医療施設を機能分担することにより医療機関としてのそれぞれの本来的役割を果たせるようにするために、診療所-診療所間、病院-診療所間、病院-病院間の連携システムが確立されることである。これにより必要な医療レベルに応じて適切な医療サービスの提供が行えるようにになる。

 f:ネットワーク確立に伴う救急搬送の効率化 = {
  側面:1次~3次医療施設においてそれぞれに適した患者が迅速に搬送されるようになり、それぞれの施設が以前より効率よく稼動するようになる。
  側面:重傷度による移動先の明確化にり患者さんの命が助かる確率がより上昇する。
  側面:明確化によりドッグバック・キャットバスケットを代表とする救急医療ヘリ・救急車両等の出動に無駄がなくなる。そのため、それらの配置場所が効率化でき、医療コストのダウンが見込める。これにより必要な箇所へ効率的に派遣が可能となり、救命効率も上昇が見込める。
 }

f:救急の位置付けからみた機能分担について = {
 救急の位置づけには一次救急施設、二次救急施設、三次救急施設がある。
 f:一次救急施設 = 日常レベルの疾患、いわゆる風邪や打撲など軽度な傷病から、手術は必要としないが処置は必要とする中程度の傷病までを取り扱う医療機関である。
 f:二次救急施設 = いわゆる病院などの手術適応可能かつ高度医療を必要としないものを取り扱う医療機関である。
 f:三次救急施設 = いわゆる医療における最後の砦であり、高度先進医療及び難病治療や先進医療の研究に携わる医療機関である。

f:病診連携ネットワークの確立におけるセプテントリオンの介入対策 = {
 病診連携ネットワークの確立においてセプテントリオンの介入が考えられるのは次の点である。これらは<定期的な監視体制>を継承する。
 1 連携室の設立に伴う人的・資本的介入
 2 病診連携ネットワークに使われる連携システム納入時のシステム的介入
 3 連携時での騙りによる偽情報等による情報攻撃

 l:信頼性が高い = セプテントリオンの人的、資本的を問わず介入がないことが確認されていること。人的介入に関しては経歴調査を徹底することにより影響が無いことを確認し、資本に関しては各国の資金投入及び宰相府の銀行を用いることで、出元のはっきりしている資金を使うことで対処する。


 f:連携室の設立に伴う人的・資本的介入の阻止 = {
  連携室の設立に伴う新規雇用や新規購入が発生した時にこれらの人や物品が<信頼性が高い>必要がある。ただし、新設にかかる税金はすべて無料となるため、費用負担も大きくならない。
 }

 f:連携システム納入時のシステム的介入の阻止 = {
  連携システムのソフトはセプテントリオンの影響を防ぐために<信頼性が高い>医療系システム作成会社により作成されたものを用いる。管理者についても各医療機関で<信頼性が高い>担当者を選択する。
 }

 f:連携時での騙りによる偽情報等による情報攻撃の阻止 = {
  セキュリティとして、各医療機関固有の番号を保持し、これらを用いて登録医療機関であることを確認して連携することで、実際に被害が出ることを防ぎ、実際に被害が起きた場合については、その時点で対象の番号を停止することで対処する。
 }

#救急医療情報システムの構築についての定義
f:救急医療情報システムの構築 = {
 救急医療情報システムの構築とは救急医療に関する連絡情報交換の緊密化および迅速化を図るために作られた医療情報ネットワークシステムのことで、災害現場など救急医療を必要とする現地へ最速で、必要とする医療を提供できる医療チームを送り込んだり、緊急搬送を行ったりすることができるようになる。

f:救急医療に関する医療コストの削減 = {
 救急医療情報システムの構築により、全国に救急医療に係る救急車両、救急ヘリなどの配備が効率化され、全体的な医療コストが削減される。

f:救急医療に関する連絡、情報交換の迅速化、および緊密化 = {
 救急医療情報システムの構築によってもたらされる効果の一つ。医療関連情報交換の迅速化、緊密化により、救急医療における医療チームの派遣、緊急搬送がより迅速になり、救急医療に属するヘリや車両は、現地への到達が早くなり、それが被害の極限につながる。

f:共通フォーマットを用いた情報の共有 = {
 救急医療情報システムの構築に伴う共通フォーマットを整備することで、より医療関連情報の交換、共有が迅速化される。これはフォーマットが統一されることで直接のやり取りをする場合においても見たい情報同じ場所から得られ、自動処理も行いやすくなるためである。また、これらは統一であるがゆえに騙りの防止にも役立つ。

f:救急医療情報システムの構築におけるセプテントリオンの介入対策 = {
 救急医療情報システムの構築においてセプテントリオンの介入が考えられるのは次の点である。これらは<定期的な監視体制>を継承する。
 1 救急医療情報を統括する部門の設立に伴う人的・資本的介入
 2 救急医療情報システム納入時のシステム的介入
 3 救急医療情報システムの偽情報による情報攻撃

 l:信頼性が高い = セプテントリオンの人的、資本的を問わず介入がないことが確認されていること。

 f:救急医療情報部門の設立に伴う人的・資本的介入の阻止 = {
  救急医療情報部門の設立に伴う新規雇用や新規購入が発生した時にこれらの人や物品が<信頼性が高い>必要がある。ただし、新設にかかる税金はすべて無料となるため、費用負担も大きくならない。
 }

 f:救急医療情報システム納入時のシステム的介入の阻止 = {
  救急医療情報システムのソフトはセプテントリオンの影響を防ぐために<信頼性が高い>医療系システム作成会社により作成されたものを用いる。管理者についても各医療機関で<信頼性が高い>担当者を選択する。
 }

 f:救急医療情報システムの偽情報による情報攻撃の阻止 = {
  統一のフォーマットを採用しているため、間違った情報が流れないように監視することができる。この場合、人的エラーにより正しい情報が偽情報としてうまく連携できないことがないように講習会を開くことで対処する。
 }