ビシィ調教日記 後編


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「じゃあもうシャツも脱がしちゃうよ? デレデレのタク~♪」

それをいいことに、あたしはついにワイシャツまで脱がしてタクを上半身裸にしてしまう。 
下はさっきほとんど脱がしちゃったから、後はズボンを足から外してあげるだけ……。
あたしの前には女の子に服をヌギヌギされて恥ずかしい、デレデレ拓巳くんが現れました、っと。

「へへ~、どうタク。 あたしにぜ~んぶ脱がされちゃって恥ずかしい?」

「は、恥ずかしいです……というか、なんで僕だけ脱がされるの? り、梨深も脱ごうよ……」

「ダ~メ。 だってあたしまで脱いじゃったらタク襲い掛かってきちゃうでしょ? 今日は逆だからい~の、ジっとしてる、ビシィっ!」

「あう……はい」

あたしは制服の胸元に手を伸ばしてきたタクの手をパチンと叩くと、今のこの関係を示してあげる。あくまで主導権はあたし――タクはただアンアン言ってるだけでいいんだっていうのを、その手の痛みでわからせてあげるの。
さっきひざまくらしてあげたから多少乱れちゃってるけど、あたしはいまだ制服姿のまま。
これからエッチなことをしてあげるっていうのに一切服を脱いであげない。
一方それとは対照的に、タクはもう裸。
上も下もぜ~んぶ脱がされちゃってて、下半身ではイク直前だったおちんちんが物欲しそうにビクビク震えているんだ。

「わからせてあげる。 あたしがタクにとってどういう存在か、身をもって思い知らせてあげるよ……♪」

あたしはスカートの中に手を差し入れていくと、下着だけを器用に脱ぎ捨てていく。
さすがにこれは脱がないとできないし、どのみちスカートは付けたままだからあの領域は確保できる。
タクはあたしがショーツを脱いでいくのをただ黙って――いや、鼻息を荒くしながら見守ってたかな。
あたしが何をするかバレちゃったかな? まあいいけどね~べつに……♪

「じゃあ、いくよ。 今日はあたしがタクのこと……犯してあげる」

そのだらしないスケベ顔を見つめながら宣言してあげる。
一瞬何言ってるの?って顔をされたけど関係ない。 すぐに悶えさせてあげるから……。
あたしは目の前の全裸の男の子に跨っていくと、スカートの中に硬くなってるおちんちんを差し入れていく。
見えないから感触だけで入れないとだけど、たぶんできる。
竿のとこの根元をしっかり抑えながら固定して、自分の割れ目の少し下あたりに亀頭を押し当てていったの。
おちんちんの先端にクチュ…っと割れ目が当たる音が聞こえてきて……。

「あっ! あぁ梨深……」

「あは、先っぽきもちよかった? でもダメだよイっちゃ。 まだ入ってもいないんだから……ん♪」

タクの顔がほんの数センチ目の前で悶えていく。 この密着した格好でするとこれがあるから好きなんだよね~。
あたしは男の子のくせに色気のある声にドキドキしながら、自分の体重をかけてゆっくりと――タクのおちんちんを膣に迎え入れていった。

「ん……ほら、入るよタク……」

「あひぃ、梨深の中、は、入るぅぅぅ……あー!」

ズズズズ…っておちんちんが入ってくるのがわかる。
あたしは我慢できたけどタクは無理だったみたい。 女の子みたいに嫌がりながら、まるで処女を奪われちゃった~みたいな感じに喘いじゃったの。

「梨深、つ、付けないと。 付けないとまずい、よ、ああああきもちい……♪」

あ~……そういえば生でシテあげたの、ひさしぶりだったかな。
生膣の感触がたまらない?のか、タクは初めてエッチした時みたいにハァハァしちゃってた。
おちんちんももう中でフルフルしてるのがわかって、これじゃあまともにエッチにすらならないんじゃないかな~?
まあでも気にしない気にしない。 このまま動いてあげ……ようとしたんだけど。

「梨深、ちょ、ちょっとまだ動かないで! さっきオアズケだったから……」

「……いいけど、でもまだ入れたばっかりだよ? もう出ちゃいそう~とかじゃないよね」

「わ、わかってるくせにぃぃぃ。 ああ、な、中!中は動かさないで! 壁がウネウネってしてるよぉぉぉ梨深ぃぃぃぃ!」

「たはは、それは知らないよあたし~。 ほら、おさまるまでジっとしててあげるから。 がんばって~タク~」

「うぅぅぅ……な、生なんだから我慢しないと。 がまんがまんがまん、西條拓巳はやればできる子ぉぉぉ……」

何度も何度も、グッグッて歯を食いしばっていくタク。
おちんちんもそのたびに膣で硬くなっているのがわかって、やっぱり妊娠はさせたくないって思ってくれてるのかな~。
なんとかあたしの中に出すのだけは堪えようとしてくれてるんだけど――そんなかわいい顔されたらもっと虐めたくなっちゃうの、わからない?
ジっとしててあげると約束したから、腰を動かすのは止めといてあげるけど……。

「お、落ち着くんだ。 そ、そそそ素数を数えて落ち着くんだ……2、3、5……7!」

「……必死なところ悪いけど。 タク、ちょっとこっち見て?」

「11、じゅうさ……え?」

ずっと目を瞑っていたタクが目を開いていく。 ……彼女であるあたしの身体を見つめていく。
それを確認すると、あたしはスカートに手をかけていき――それをゆっくりと上へ捲りあげていった。

「ほら、見える? あたしとタクがつながってるところだよ。 タクのおちんちん、あたしのおまんこにズッポリ犯されちゃってるよ……」

自分でもはしたないことしてると思う。
けどタクにイジワルするにはこれしか思いつかなかったし、なにより一番効果があると思ったんだ。
このために制服を脱がなかった。 もちろん、ニーソックスも脱がなかった。
スカートの中で根元まで入り込んでいるおちんちんを見せ付けながら、あたしはタクの目をジーっと見つめたままとどめを差していく。

「見える? タクのおちんちん、あたしに犯されてるんだよ。 ピンクは淫乱……なんだっけ」

「梨深、な、なに言ってるの。 ちょ、こ、これエロすぎ……が、がまんできないよぉぉ!」

「わかるよね? この前まで童貞さんだったおちんちん、あたしのおまんこにガッチリ咥えこまれちゃってるの、わかるよね~? こんなに根元まで咥えられちゃって……」

「や、やめて。 今梨深にそんな、エ、エロゲのヒロインみたいなこと言われたら……ぼ、僕もう!」

「もう、なに? まさかイっちゃうの? まだ入れて一分も経ってないのに、あたしぜんぜん動いてないのに……中出ししちゃうんだ~タ・ク・は」

「ああっ、な、なかだ、し……三次元の梨深に中出しあぁぁそれはらめぇぇぇぇぇぇっ!?!?」

コンテナの部屋の中にタクの絶叫が響いていく。 でもそんなことをしてもダ~メ、無駄だよね。
だってこれはアニメじゃないんだから、そんなことをしても助けてくれる人は来ないんだよ?
そして、はい残念。 ドクンドクンドクン……膣の中でおちんちんが痙攣していくのがわかっちゃったんだ。

「あひぃ……ああ、あ、あ、あ、出るー……」

「……ん……」

生膣で膣内射精。 おヘソの下あたりがゾクゾクって熱くなってきたけど、なんとか我慢していく。
タクがきもちよさそ~に声をあげながら達していくのを見てたけど、あたしはなんとか声を出さないように口を抑えていくの。
喘いじゃってもよかったんだけど、それじゃあ後でタクに「ぼ、僕の生射精に感じてたくせに!こ、このエロピンク~!」なんて罵られちゃうかもしれない。
主導権が逆転しちゃったらマズイから、あたしはそのままタクの子供がお腹の中で弾けていくのを俯きながら我慢していくの。

「はひぃ……梨深、りみりみりみ、あぁ、梨深のまんこ、き、きもちいい……」

「ん……ふふ、タクかわい……」

子供みたいな顔であたしの膣に酔っていくタク。 さっきはあんなに嫌がってたのに、もう出したらどうでもよくなっちゃったみたい。
顔をプルプルさせながら身悶えてくその姿がイイ。 すっごく萌えちゃう……。

「ねぇタク、キスしよ~キス。 ……んん」

「ん、んむぅ! 梨深……♪ ああ、し、締ま、締まるぅぅぅ♪」

あんまりに可愛いから、あたしはついタクのクシビルに吸い付いちゃった。
まだ射精してるのかゾクゾク震えているだけで、わりとあっさり奪えた。 頭に手を回して、タクを抱き締めるようにしながら濃厚な口付けを交わしていくの。
そして、ちょっとだけサービス。 お尻にキュ~って力を入れてあげるんだ。
こうすると膣が締まっておちんちんをもっと絞ってあげられるの。 もう、タクが残りの精液をドパドパあたしの中に注いでくるのがわかっちゃった……。

「ああ……はぁぁ……♪」

「んふ、んんん……」

時間にすれば十秒も無かったと思う。 ようやくタクの射精が終わっていくと、あたしはハァハァと息を荒げながらクチビルを離していった。
ちょっと強く抱き締めすぎちゃったかな。 タクの髪の毛はボサボサになってて、寝起きがみたいに変な髪形になってたの。
あたしはそれを手で直してあげながら――ついでにナデナデしてあげながら、ボーっとしてるタクの瞳を見つめていく。

「ん……タク、きもちよかった? いっぱい出したね……あたしの中、すっごく熱いよ」

「うん……梨深の中、すごかった。 イク時中が動いて、し、絞り取られるみたい、で……」

射精後の余韻に惹かれてるのか、タクはまだどこかうつろな目をしてた。
ちょうど妄想してる時みたいな感じの顔かな? どっちかというとイケナイこと考えてるときのほうね。
もしかしたら心の中で星来たんに中出し最高~♪ とかとか、と~っても失礼なこと考えてるかもしれないから――いちおうここでもう一度釘を刺しておこうかな~。

「そっか~よかったんだ~。 あ、でも中に出しちゃったね? それにあたし、今日ダメな日」

「……へ?」

「すっごく危ない日。 この前のが二週間くらい前だったから、もうおもいっきりまずい日かな。 たはは、これは危険だよね~」

「……え? ちょちょっ、そ、それって……?」

あたしの能天気な態度とは裏腹に、どんどんと顔を真っ青にしていくタク。
さっきイク時にもちょっと言ってたけど、あたしは三次元の女の子、咲畑梨深。 ――星来ちゃんとはちがうんだよ?
だってあの子はアニメだもんね。 タクの妄想の中ではいくら膣内射精しても平気だし許してくれるだろうね。
「また中に出したなぁ、タッキ~のぼけなす♪」な~んて可愛く叱ってくれるだけだろうけど、いま君のおちんちんが入ってる「ココ」はちがうんだな~。 たはは♪

「うわ~なんかすごい。 あたしの中ドロドロ……これ絶対当たっちゃってるよ~」

「ちょ……ちょちょちょちょっと梨深! ど、どいてどいてどいてーっ!?」

「どうしようタク……この年であたし、お母さんになっちゃうよ~。 制服の前おっきくしながら学校いくのとか恥ずかしいよ~(泣)」

「そ、それはいい母性本能ムンムン女子校生、咲畑梨深ですね……って、ち、ちがう! ああああ洗ってきてすぐに洗ってきて梨深ーっ!!!」

「え~洗ってもあんまり意味ないと思うな。 だいたいコレ、落ちにくいし……」

「お、落ち着け僕、そ、そそそそ素数ををを数えてまだ慌てるような時間じゃないいいい!!!」

目の前のタクの顔がしどろもどろになっていく。
周りをオロオロ見渡しながら汗もいっぱいかいちゃって……あたしの中にある赤ちゃんの素をどうしようか必死になって考えてるみたい。
まさに タ ク ミ 必 死 だ な って感じ。 もうあたしはそれがおかしくておかしくてたまらないんだ~♪
どうせ中出ししちゃった事実は変わらないのに。
悪あがきしないで覚悟決めてくれればいいのにね~、パパはダメダメさんだよね~?

「そ、そうだ、コーラで洗い流せば! い、いやダメだDQN発想すぎる……ぶつぶつぶつ」

タクはまだ現実が直視できないのか、あたしの胸の中でブツブツ呟いてた。 戦わなきゃ、現実と。
というかコーラって……さすがのあたしもそこまでの変態行為は受け入れられないよ~タク~(汗)。
なんだかすっかり存在を忘れられているような感じがちょっぴり悔しいな……。
まだタクのおちんちんはあたしの中で抱き締められてるのに、これはちょっと失礼だよね~?

「ん……あ、ん……」

少しだけ腰を浮かしていく。
グチュってお腹の中が張り付く感触があると、まだ乾いてない精液がドロドロと接合部から流れていくのが見えた。
このまま抜いてあげたほうがタクにとってはいいんだろうけど、あたしはまだ現実を受け止めないその態度が許せないんだ。
上に浮かせた腰を今度はもう一度下へと降ろしていき――それを何度か小刻みに繰り返していく。

「ああうっ! り、梨深……?」

きもちよかったのかな……あたしがしてることに気が付いたみたい。
タクはちょっとだけ喘ぐと、あたしの顔を君なにしてるの?って感じに見つめてくるの。
でももう遅いよ。 どうせこの格好じゃあ逃げることなんてできないし、女の子をむりやり引き剥がすなんてことタクに無理なのは知ってるからね~♪

「ね、タク。 おちんちんまたおっきくなってきたよ? ほら、こうしてあたしが動いてあげると……♪」

あたしはそのままユサユサと身体を揺らしてあげる。
ピンクの片方だけ結んだ髪を振り乱しながら、タクの腰の上でいやらしくおちんちんを貪っていくの。
ほんとはそうでもなかったんだけど、タクのおちんちんはあたしがそうささやいてあげると本当にまたガチガチに硬くなっていくんだ……。

「ちょ、ちょっと梨深、こんなことしてないで早く洗わないと……」

「こんなにおちんちん、硬くしてるのに? タクだってもう一回シタいんじゃないのかな~、あたしと」

「そ、それはしたい、けど。 じゃあ今度はちゃんと付けてしようよ……」

タクは本気であたしの妊娠を心配してくれてるみたい。
せめて付けさせてって胸元を押してくるんだけど、あたしはそれに拒否を示すようにまた腰を上下させていくの。
付けてとお願いする男の子。 そのままシちゃう女の子。 ――なんだか立場逆になってるよね、これ。
しかも傍目にはどうみてもあたしがタクを犯しているようにしか見えない光景。 こんな男の子の上で腰を振っちゃうなんて、あたしってやっぱりエッチなのかな~(照)。

「ん……ほら、もうビキビキ。 タクがおちんちんおっきくさせなければ、あたしだって腰振るのやめてあげるんだよ?」

「ああ、そ、そんなに……梨深がこんな子だったなんてひどい。 最初会った時は悪魔女だって思ったけどいい子だって見直したけどやっぱり悪魔女だったんだぁぁぁ」

「長いね、セリフ。 女の子はみ~んな魔女なんだよ? その気になれば好きな人のためになんでもやっちゃうんだな~、たはは♪」

「うう……こんなことされちゃったら、僕もうお婿に行けない。 星来たんのお婿さんになれないよぉぉぉ」

「いいじゃんべつに、あたしがもらってあげるよ。 というか~、またあの子のこと口にしたね……」

前言撤回。 やっぱりタクがデリカシーないだけだねこれはむおおおおおお!!!(怒)。
エッチの最中に他の女の子の名前(二次元とか関係ないよね)口にするなんて、有り得ないよね。
二回目はさすがに外に~って思ってたけど……もういいや。

「ご、ごめん! い、今のはさすがに僕がわる」

もう遅い。
あたしは少しずつだった腰の動きを急に速めていくと、ソファーがギシギシ音を立てていくほど乱
暴にタクを犯していく。
もちろん絶対逃がさないよう、ギュ~っとしがみ付いていきながらね?

「う、うあっ! うあああ、梨深激しすぎ……ちょ、ちょっと痛い、ああ!」

「あたりまえだよ。 だってあたし今、タクのこと犯してるんだよ? ただのオタクレイプ魔なんだから、痛いくらいでちょうどいいの」

「ゆ、許して。 もう絶対あの子のことは言わないから、ゆ、許してぇぇぇぇ」

ごめんね。 タクのことは愛してるけど……それだけはちょっと信じられないかな。
あたしは今までの鬱憤を晴らすようにおちんちんを犯していく。 中出しされた精液がもう膣の中でグチョグチョ音を立てていくけど関係ないの。
最近はエッチなゲームも「動く」のが結構あるよねー。 ほら、アニメになってるやつね。
あれぐらい激しく、それでいてもう早漏のタクが我慢のしようもないほど生膣でペニスを擦りあげていっちゃうんだ。

「すごいね。 さっきからもうぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅ、あたしとタクが繋がってる音がやらしいよ」

「う、うああっ! ま、待って待って梨深、も、もうダメ、僕また出る出る出ちゃう出ちゃうぅぅ!!!」

「ねぇ、タク。 星来ちゃんはこんなことしてくれる? あの子はこんなふうにタクのこと、むりやり襲ってむりやりおちんちん射精させちゃったりするのかな」

「し、しな、い。 しないですしないですからぁぁぁ梨深の方がイイからお願いもうやめてぇぇぇ!!!」

「そっか、嬉しいな。 でもそんなこと聞きたいわけじゃないんだよね~あたしは~? たはははは」

「ひぃ……」

あたし、ちょっとやりすぎてるかな……タクがちょっと怯えたのがわかった。
自分でも激しく動きすぎてるのがわかる。
ただでさえ制服着たままだから熱いのに、吹き出る汗が頬を伝ってタクのところにまでピチャピチャ落ちていくのが見えたから。
でも気にしない。 このままタクがあたしだけを見てくれるなら、もうあたしはどんな姿を見られたっていい……。
擦りあげられる膣を中心にもう身体中が熱いけれど、喘ぎ声だけは出さないように注意しながら――あたしはタクをそのまま絶頂に導いていった。

「ひぎぃ、らめぇ……梨深に犯されて、だ、出しちゃう。 二回はかなり危険だぁぁぁ……」

「出ちゃう? またあたしに中出ししちゃうんだね~タクは。 ほんとはあたしのこと妊娠させたいんだ?」

「ち、ちがう……僕はまだ父親になりたくない。 高校生で彼女を孕ませるなんて、だ、だらしないDQNそのものじゃないかぁぁぁ」

「たはは~そうだね。 もしできちゃったらまずナナちゃんに報告しないとね? あ、そうだ、二人でご両親にも挨拶に行かないとかな~」

「い、嫌だぁぁぁ!!! ぼ、僕はまだ、ま、だぁ、け、こんなんてぇ……」

タクの最後の抵抗。 首をブンブンって振って逃れようとするんだけど、あたしはそれすらも許さない。
それをガッチリと抱き締めてあげると、またクチビルを淫らに奪っていくの。
タクの瞳が絶望の淵に落ちていく(ちょっとおおげさかな)のを目の前で見ながら、あたしの中で二回目の脈動が始まっていった。

ドクンッ!!!ドクドクドク……ドクンドクンドクンッ!!!

「あんっ! あ、あぁ……」

感触はさっきのとおんなじ。 亀頭の先っぽからビュービュー吹き出てるのがわかる感じかな。
でも今度は声、我慢できなかったな~。(汗) あたしの身体もさすがに敏感になってたみたい。
生温かさがお腹の中にジンワリと広がってきて、子宮の入り口にバチバチ精液が叩きつけられていくのについつい口が開いちゃった。 たはは。

「はひぃ……り、みぃぃ……♪」

「きもちいい? ふふ、出していいよ。 あたしの中にぜんぶ、ね……タク♪」

で、これが最後の仕上げかな?
さっきひさしぶりに悪魔女とか言われちゃったけど、射精してる時はおもいっきり優しく、女神みたいな表情でタクのことを見つめてあげるの。
中出し、また最高にきもちいいのかな。 ブルブル震えていくタクはもう子供みたいに陶酔してるみたいだった。

刷り込む。 彼の心にあたしを刷り込んでいくの。
あたし無しじゃ生きていけないことを、その魂に刻み付けてやるんだ。

お腹の中でたしかに感じられていくタクの精液。 体温。 遺伝子。
さっきまで好きな人の身体の中に入ってたのが、今はあたしの子宮に入ってるなんて……なんか不思議。 感動しちゃうよね~(泣)。
これでタクはあたしのもの。 タクなら絶対この子を悲しませる選択なんてするはずがないから、それは絶対。
もう星来ちゃんもいらないよね? タクにはあたしがいるんだから、二次元の女の子なんて全部いらないんだ~。 たはは。

「り……み……」

「大好きだよ、タク。 これでずっと一緒だね……」

二回も連続で射精したからなのか、タクはもう寝ちゃいそうにまぶたを重くさせていた。
それを母親のように……って、もうすぐほんとうにそうなるんだっけ。
頭を優しく撫でてあげながら、あたしは彼の身体と心をしっかりと胸の中に抱き締めていった。

終わり


名前:
コメント:

すべてのコメントを見る

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。