※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前:真田弦一郎 性別:男  武器:気迫
攻撃力:0 防御力:0 体力:7 精神力:3 意地:20

特殊能力:向こうに入らんかーっ!!
能力説明:周囲1マスにいる味方テニスプレイヤーかつレギュラーメンバー(各校)全員に攻撃力+5を付与する。
通常は1ターンのみだが、立海大附属のレギュラーと各校の部長や副部長の場合に限り、攻撃力は永久に上がったままになる。
尚、ステータス上限は基本20を遵守。

制約:この能力が無事に発動すると真田は戦場から永久に除外される。

キャラ説明:手塚戦のクライマックス時の真田。自らの気迫で、ボールを返すというテニスの新次元を切り開いた。
対戦中はギャラリーの罵詈雑言に耐え、そして少年時代にある手塚との因縁を回想していた。
その様は単なる強敵ではなく、純粋なテニスプレイヤーであった。


「顔が青いぞ」とか言うから、こりゃ手塚に負けるなぁ、と思ったがそんなことはなかった。
むしろ、手塚対真田戦は「テニスの過酷さ」を知ることの出来るマッチである。
少年時代に出会った圧倒的な才能を持つライバル。テニス部としての勝利など様々な要素が絡み合う故、名勝負となった。

発動率90% 成功率100%

コメント:確実性の高い強化カード。基本1ターンだが、メンバーを選べば永続5アップに等しく、これ1枚で殴り合いにおいて優位に立てる。【R】