ハッシュと属性タグについて


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

世界を取り巻く全てのファイルには「ハッシュ」が存在する。
これはファイル情報を参照して ファイルそのものとは別に 文字列で表現されるもので


 ┏━━━┓
 ┃A. jpg ┃   →   abcdefghij・・・・・・
 ┗━━━┛

1つのファイルには対応する1つのハッシュがあって、


 ┏━━━┓
 ┃B. jpg ┃   →   abcdefghij・・・・・・
 ┗━━━┛
(Aと中身は同じ)

同じファイルはファイル名が違っても同じハッシュを持つ。

このソフトでチェックされたハッシュはデータベースへ蓄積されてく。



AtPictureでは、属性タグは画像ではなくハッシュとリンクしてる。
見かけの上では画像にタグをつけるように見えるけど、実際は


 ┏━━━┓
 ┃A. jpg ┃   →   abcdefghij・・・・・・
 ┗━━━┛        └ タグ:ルイズ、ナギ、大河


こう!まさにこんな感じ!
おかげでA.jpgと同一で名前だけ違う「B.jpg」をハッシュチェックした時にも
[ルイズ][ナギ][シャナ][大河]のタグが自動的に付くわけ。
ごめん嘘言った。シャナは付かない。

「A.jpg」を削除してもなお有効。
データベースのハッシュは消えてないから再度チェックすればタグつくよ!


だからみんな!何はともあれ、まずはハッシュチェックしような!





ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。