※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【呪術技能】


呪装を強化するための能力として、基礎的戦闘力を向上させるために作られたのが呪術技能である。他の呪術と異なり、習得することで特定の能力が向上するだけに止まるが、その対象となるのは戦闘はもちろんのこと、その他の行動の中でも特に使用頻度の高いものであるため、必然的にその重要性は高まる。

特性:呪術技能は属性に関係なく習得することができる。

行動カテゴリー:-
効果時間:常時





〈剣士〉
近接攻撃の判定のダイスを増やすことができる。
習得能力値:俊敏か体力
Ⅰ 近接攻撃の判定に+1dをする。
Ⅱ 近接攻撃の判定に+2dをする。
Ⅲ 近接攻撃の判定に+3dをする。


〈射手〉
射出攻撃の判定のダイスを増やすことができる。
習得能力値:鋭覚
Ⅰ 射出攻撃の判定に+1dをする。
Ⅱ 射出攻撃の判定に+2dをする。
Ⅲ 射出攻撃の判定に+3dをする。


〈回避〉
防御の判定のダイスを増やすことができる。
習得能力値:俊敏
Ⅰ 防御の判定に+1dをする。
Ⅱ 防御の判定に+2dをする。
Ⅲ 防御の判定に+3dをする。


〈呪術師〉
呪術攻撃の判定のダイスを増やすことができる。
習得能力値:知恵
Ⅰ 呪術攻撃の判定に+1dをする。
Ⅱ 呪術攻撃の判定に+2dをする。
Ⅲ 呪術攻撃の判定に+3dをする。


〈対呪術〉
呪術抵抗の判定のダイスを増やすことができる。
習得能力値:知恵
Ⅰ 呪術抵抗の判定に+1dをする。
Ⅱ 呪術抵抗の判定に+2dをする。
Ⅲ 呪術抵抗の判定に+3dをする。


〈柔術〉
柔術と呼ばれる技を身につけることで、自分の力だけではなく、相手の力を利用することで自分よりも体格のいい相手をねじ伏せることができる。
習得能力値:俊敏
特性:倒す、捕まえる、動けなくする、抑え込む、昏倒させるといった判定にダイスを増やすことができる。
Ⅰ 判定に+1dをする。
Ⅱ 判定に+2dをする。
Ⅲ 判定に+3dをする。


〈間者〉
情報の収集や操作といったことは、戦いが日常化しているアルテアの世界においても大変に重要である。
習得能力値:鋭覚
特性:隠れる、忍び歩き、聞き耳、鍵開けといった判定にダイスを増やすことができる。

Ⅰ 判定に+1dをする。
Ⅱ 判定に+2dをする。
Ⅲ 判定に+3dをする。


〈コア蓄積〉
戦闘中、コアをレベルごとに定められた値以下を、次のラウンドに持ち越すことができる。
習得能力値:鋭覚
Ⅰ コアを2だけ次のラウンドに持ち越してよい。
Ⅱ コアを4まで次のラウンドに持ち越してよい。
Ⅲ コアを6まで次のラウンドに持ち越してよい。





コメント

  • 習得能力値を追加 - おほおほ 2009-10-10 17:14:45
名前: