※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

敬語紳士×ガテン系オヤジ

「アイツはなぁ、いいヤツなんだよぉ」
「ええ、分かりました、分かりましたから…」
「ぅ…ぐす…アイツは、アイツは両親事故で亡くしてな、それでも頑張って高校行ってなぁ…」
「ええ、本当に、頑張ったんですね」
 静かなジャズの流れるバーには、マスターのほかその2人しかいなかった。
 片方は細身にグレイのスーツ、オールバックの髪に細縁の眼鏡と、公務員のようないでたちで、シックなバーの雰囲気に溶け込んでいる。
 もう片方は連れ合いとは対称的で、髭面でさほど背は高くないが、ほの暗い照明にも薄いTシャツの下に逞しい筋肉が盛り上がっているのがわかる。アスリートというよりは、肉体労働で鍛えられたようだ、とマスターはグラスを磨きながら思った。ついでに、珍しい組み合わせだ、とも。その髭面が、顔中をくしゃくしゃにして泣いている。すっかり酔っ払っているのか、呂律も回っていない。
「なんで…なんでなんだよぉ…」
「鈴木さんにそこまで思ってもらえて、伊藤さんもきっと喜んでますよ」
 スーツのほうが、髭面の背を撫でながら慰める。1時間ほど前に店に入ってきてから、2人はずっとそんな調子だった。聞くと話に聞いていた会話で分かったのは、髭面の親友が亡くなったことと、2人が今日出会ったばかりだということくらいだった。
 髭面がびず、と鼻をすすった。
「いまさら喜んだって意味ねぇよ…」
「でも、俺は羨ましいですよ、伊藤さんが」
「…アンタいいヤツだなぁ…」
 酔眼でとろんと相手を見つめ、また涙ぐむ。苦笑して内ポケットからハンカチを取り出した。
「ほら、涙拭いてください。そんな顔で帰ったら、奥さんが心配しますよ」
「奥さんなんかいねぇよ」
「……え?」
 スーツのほうが一瞬手をとめた。それには気づかず、髭面が受け取ったハンカチで涙を拭う。そして照れくさそうに、小さく首を傾げた。
「それより、アンタはいいのか。こんな時間まで…」
 髭面の言葉に、マスターはカウンターの内側に置いた時計に目をやった。店の営業時間はまだまだあるが、終電がなくなってしまう時間帯ではある。そろそろお勘定だろうか、とマスターは音を立てずにグラスを置いた。
「俺も、奥さんいませんから」
 言われて、髭面はしばらく目をぱちぱちさせた。
「…だから、今夜は貴方につきあいますよ。今の貴方を、放ってはおけませんから」
 にっこりするスーツを見遣って、マスターは小さく微笑む。そして、友人の死に傷心している男のためにウィスキーの水割り一杯くらいサービスしようかと思った。