※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

生徒指導室

―それはいつもの事だった。
県でもレベルの低い馬鹿高校。
名前だけの生徒指導室は、煙草や喧嘩に対するただの説教部屋だった。

「来なさい」
去年から生徒指導を任されたばかりだった。
茶色く髪を染め、ブレザーをだらしなく着た生徒を捕まえては指導室へと連れこみ、脅し文句を並べて叱りつける。
その日もポケットから覗いていた煙草を取りあげると、教師は指導室へと足を向けた。
珍しいことではない、いつもの事の筈だった。
―そう、その扉を閉めるまでは。


「生徒指導室でこんなことされたなんて、恥ずかしくないの?」
「……ッ…」
幾度となく絶頂に追いやられ、腰が痺れたようになっている。ぬるりとした感触は恐らく中に出されたモノ。
何があったか覚えてはいるが、思い出したくもない。
オレンジ色をしていた景色はいつの間にか真っ暗だった。

普段下にしか見ていなかった生徒。
名前すら知らない。
押し倒され、見下げられ。体を開かれ、無理矢理感じるところを覚え込まされた。
「アンタが悪いんだから。」
ベタついた感覚しか残っていない下肢に、なおも彼は押し入ってくる。
名前も知らない。
なのに、知っている。
―そう、彼の体を覚え込まされてしまったから。


「―覚えてないあんたが悪いんだ」

泣いてるようにも聞こえる声を聞きながら、ゆっくりと再び意識を手放した。