※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

同期の出世頭(生真面目・純朴)と、最近急に評判が上がった男(顔は良いが見た目チャラ男)

「いやあ、お前のこと見直したよ。俺は嬉しい!なあ、お前もそう思うだろう?」
すっかり出来上がった上司が、彼を褒めちぎりながら私に呼びかけた。
「そうですね。今度の契約は彼がいなかったら無理でした」
私がそう返すと、上司に肩を叩かれ続けている彼は、何時も通りの皮肉げな笑みを浮かべた。
他の連中から褒められると気安く笑うのに、私にだけはいつもそうだ。私はこっそりとため息をついた。

実現不可能かと思われていた他社との契約を、見事勝ち取った彼のための祝いの席。
普段から盛り上げることに長ける彼の実力なのか、、皆興奮しすぎ、次々と床に倒れていく。
気がつけば意識があるのは、酒を飲まない私と、うわばみの彼だけになっていた。
彼と目が合う。私の隣まで近づいてきた。彼は私を敵視しているのに、何故かこうして接近することが多い。

「おめでとう」
他の面々に囲まれている間は言えなかった言葉が口をついた。
彼の表情が、どういうわけか険しくなる。
「それ、本心?」
「――当然だが」
彼の顔が益々険しくなってくる。顔が赤いのは酒のせいではなさそうだった。
「俺みたいなチャラい男がアンタのお株奪って、ムカついたりしねえの?」
「大切なのは全体の業績が上がることだ。誰がどうしようと、結果が出ればそれでいい」
それは私の本心で、だからこそ心の底から彼の成功を喜ぶことが出来る。
けれど、何故か彼にはその思いが通じていないようだった。
怒っていた彼が、今度は泣きそうな顔になった。

「結局アンタってそうなんだよな……俺がどうしようと、他の連中と同じようにしか見ない。視界にすら入らない」
「そんなことは――」
「そうだよ!アンタは本心なんて見せない。俺のこと馬鹿にして、同じレベルで見ようともしない!」
私はどうしていいか分からなくなってしまい、彼を見つめることしか出来なかった。
何を言っても彼には届かないような気がした。彼と私は、あまりにも違う。

不意に、彼の手が私のシャツの裾を掴んだ。普段の彼からは想像もできないくらい、遠慮深く。
「……ムカついたって、なんだっていいんだ……何にも思われないよりずっといい……」
か細く届く声が、私の鼓膜を震わせた。

――皮肉げに見つめられるよりも、怒りの表情が睨まれるよりも、悲壮な顔で縋られるよりも、
他の人間に対するように、明るく笑って欲しい。
彼と違い、無骨でつまらない人間の私に、そんな言葉は紡げない。
それに、例えそう言ったとしても、彼には社交辞令にしか聞こえないのだろう。

私は無性に悲しくなり、ただじっと、シャツから届く彼の熱を感じていた。