※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

攻め×攻めの攻防

「俺は、男だ」
「わかってますよ。私は、君が男性であることに、一片の疑いも持っていませんよ」
「そんで、あんたも男だ」
「ええ、もちろん。私は自分が男であることに自覚と誇りを持って生きていこうと思っています」
「だからっ……!」
「だから?」
「………………」
「……そうですね。私たちは同性でありながら、お互いに好意を持ってしまった。
背徳的ではありますが、私には悪いことだとはどうしても思えない。
君は、罪悪感を感じているのですか?」
「そうじゃない。そうじゃない、けどっ……」

精一杯の想いをこめて、くちづけをしたのに。
彼は怒ったように頬を紅潮させて、出て行ってしまった。
彼が何を悩んでいるのか、想像はつきます。
けれどそんなことは、些末なことではないでしょうか。
どうするか、どうなるのかは、その時になってみなければわからない。
お互い全く知らないことなのだから、試してみればいい。
そうじゃありませんか?
私は、間違っているのでしょうか……。