※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

泥棒に入る家を間違えた

 俺は今絶体絶命のピンチに陥っている。
 明らかに泥棒に入る家を間違えた。
 入り込んだ先には誰も居ないはずだったのだが、開けた扉の向こうには―――。
 「……お前さー、ちゃんと下調べくらいしろよ」
 いつも俺を追い掛け回している刑事が呆れ顔で、しかも歯ブラシなんて咥えたまま佇んでいた。
 「お前くらいだろ。毎回毎回追いかけられても全く懲りてないの」
 予想もしていない状況に俺の頭はすっかりついていけなくて、まるで金魚のように口を開閉させるばかりだ。
 「あ…、ちょっとそのまま待ってろ」
 そう言ってアイツは扉の向こうに消えていった。
 い、今の内に逃げないと!
 目の前から姿が消えたことで、ようやく頭が働き出した。
 「だから待ってろって言っただろ」
 出ようと後ろを向いたところを、襟首をむずっと捉まれた。
 「どうせ隣の家にでも入ろうと思ったんだろ?旅行中だもんなー、隣」
 頭の上に笑いを含んだ声降ってくる。
 「って言うかさ、ナニ?いっつも俺に見つかるみたいにうろうろしてんのってさ」
 アイツが置いた一瞬の間に、何故か嫌な予感が走った。


 「俺に、捕まりたいの?」


 耳元で囁かれた声に、肌が粟立つ。
 そして空いた手が―――。




「なーに読んでんの?」
本と顔の間に、マグカップが差し出された。
「今度のドラマの原作本ですよ」
本を閉じ顔を上げて、差し出されたカップを受け取る。
「ふーん…」
和樹さんは不満そうに、俺の寝そべるソファーを背もたれに座り込んだ。
「…不満ですか?」
「別にー」
あーあ、拗ねちゃった。
「じゃぁ」
和樹さんの手から奪ったカップと、自分のカップをテーブルに置く。


「イイコト、します?」


ばさりと、本が落ちる音がした。