※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

絶体絶命

リビングのソファでうたた寝をしていて、気付いたら弟にのしかかられていた。
突然のことに動揺しつつも、必死になって弟を押し返そうとする。
たんなる悪戯だとは思わなかったし、思えなかった。
だって、最近弟の俺を見る目が異様に熱っぽかったのを知っているから。
それでも気の所為だと自分に言い聞かせて、知らないふりを決め込んできた。
いくら義理だっていっても、俺にとっては可愛い(例え体育会系で俺より身体が大きくてもだ)弟なんだから。
だけど、弟はもう限界だったみたいで。
だからこうして俺の上に覆いかぶさっているんだろう。
「やめろ、馬鹿なことをするな!」
「馬鹿なことじゃない!しょうがないだろう、ずっと兄さんが好きだったんだ」
いつもは兄貴なんて可愛いげのない呼び方しかしてこないくせに、どうして今、兄さんなんて呼ぶんだ。
甘えればこっちが言うことを聞くとでも思っているのか。
「俺達は兄弟なんだぞ!?血の繋がりなんてなくても、お前は弟なんだ。それ以外の感情なんて持てない奴に組み敷かれてたまるか」
「ごめん、でももう無理だ。今日だけでいいから、犬にでも噛まれたと思ってくれればいいから」
ふざけるな、と言おうとしてそれを唇に防がれた。
半開きの口に容赦なく弟の舌が入り込んでくる。
そのまま暫く口内を蹂躙され、唇が解放されたときにはシャツのボタンが全て開けられていた。
冗談じゃない。このままでは本当にやられてしまう。
「おい!いい加減に……」
しろ、とまでは言えなかった。弟の目に涙が浮かんでいたから。
なんで泣いているんだとか、泣きたいのはこっちの方だとか、言いたい言葉色々あったが全て喉の奥に引っ込んでしまった。
このままでは、俺にもこいつにも後悔しか残らないとわかっているのに、もう抵抗なんて出来そうにもなかった。