※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

いいことあるぞ

失恋した。それも自業自得で。
クラスメイトの女子にあいつとの橋渡しを頼まれて、断る事も出来ずに放課後の屋上にあいつを呼び出した。
のこのことやってきたあいつに彼女を紹介して、あいつの反応を見るのが怖くてそのまま屋上から逃げ出した。
息が苦しい。目の奥が熱い。心臓がいたい。
このまま、ばらばらになってしまいそうだ。

俺の方が彼女よりもずっと前からあいつだけを見てたのに。
俺の方があいつの事を好きなのに。
でも、男の俺じゃ駄目なことくらい嫌ってほどわかってる。
「…い、おいッ!!カナメ!」
「…っ?!」
後ろからぐいっと腕を引かれ、そのままの勢いで腕の中に倒れこむ。
「ひ、ろ?」
「何で、逃げてんだよ」
「…あの子は?」
もう告白は終わったんだろうか。ヒロは、あの子になんて答えたんだろうか。

「…お前が俺に用があったんじゃないのかよ」
「………え? いや。あの子がお前に告白…」
「お前は、俺に何か言うことないのかよ」
「えー…っと… 彼女とお幸せ。に?」
とりあえず、後ろから抱き締めるのをやめてほしい。
「………………他には?」
「えーっと…」
他には。他には、あるけど。それだけは言うわけにはいかない。
「お前に呼び出されて、すげードキドキしたんだけど。 お前、いっつも俺みてたし」
ちょっと待て自分。何か自分に都合よく解釈してないか?違う絶対違うからな!勘違いすんなよ俺!
「言いたい事言ってみろよ。多分、いいことあるぞ」
上から覗き込むようににっこりと笑顔を浮かべる。この笑顔に一目ぼれした。
「じゃないと、ずっと離してやらねー」

勘違い。じゃ、ないのかもしれない。