※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

身長差

「背が高いんですね」
 そう後ろから声をかけられたのは、俺が新入生に部活の案内をしていた時だった。
「バスケ部に興味あるのか?」
 そう勧誘したものの、彼の身長は俺よりも頭一つ低かったので、正直戦力として期待できず、
俺はそれほど熱心ではなかった。
 だが彼は嬉しそうに俺から入部用紙を受け取り、そのままその日に入部した。

 今は俺の隣でバスケットボールを磨いている。
「先輩、あの上の荷物とってもらえませんか?」
 実は俺がいない時に、自分で台に乗って荷物を降ろしているのを知っているのだが、
なんとなくこいつには弱くて言うことを聞いてしまう。
「ありがとうございます」
 こういう笑顔をもらえるのは悪くないし。

「先輩、こっちに来てください」
「何だ?」
「はい、ここ立って」
 俺は柱の前にたたされた。
「オレの身長がここなんですけど、先輩はここだから…。15cm差かな」
 そう言われて俺は言葉につまった。
 こいつは選手としては身長が低いので、いつもベンチに座っている。
 背はそのうち伸びるなんて、気休めは言いたくなかった。
 彼の家族は身長の低い人ばかりだと言っていたし、今伸びていないならこの先も見込みは薄いだろう。
 きっと永久にレギュラーにはなれない。
 彼がうつむくと俺にはまったく顔が見えないので、いつも慌てる。
「落ち込むなよ。好きなんだろ? それでいいんだよ」
「いいと思います?」
「そうだよ。好きだって気持ちが大事なんだからさ」
「先輩も?」
「おう、大好きだ」
「オレこんなに身長低いのに」
「関係ないって」
「嬉しいです」
「そうだよな。同じ思いのやつがいると嬉しいよな」
「でも不便ですよ」
「何が?」
「ちょっと下向いて下さい」
「ん?」
 チュッと音がした。あれ?と思っていたら、あっという間に机の上に体を押し倒された。
「こういう時。でも身長なんて関係ないですもんね」
 あれ? なんかおかしい。
「先輩の試合の邪魔はしないようにしますから。ああ、やっぱり同じ部活に入って良かったなあ。
スケジュールがばっちりわかるから」
 試合の邪魔って?

 その答えは数日後に充分すぎるほどわかった。
 とてもじゃないが、試合どころではなかったが。