※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

無理矢理恋人と引き裂かれて服従させられる受け

彦星が織り姫に会いに天の川を船で渡っている最中、突然の暴風雨。
激しく荒れる川のど真ん中で船は今にも転覆しそうだ。
織り姫の姿が見えてきたというのに!
「私は負けんぞ! 織り姫えええ! 今まいります」
『無理だな。おまえはこの川を越えることはできない』
重い声が川の底から響いてきた。
「この声は天の川か!?」
『おまえ達の逢い引きもいい加減見飽きた。そもそも年に一度じゃ我慢できるわけなかろう若者。
わしが知らないとでも思っているのか? おまえがひとりで何をしているか』
まるで彦星をもて遊ぶように、天の川は小さな船を揺さぶる。
『熱く疼く身体を川に、わしの中に沈めて何をしていた? そうやって、おまえはいつも自分自身を慰めていたな』
天の川の声は織り姫の耳にもはっきりと聞こえた。
織り姫の愕然とした顔が、自分に向けられていることに彦星は耐えきれない。
「やめろおおお! やめてくれえええ」
『船を戻せ。おまえにあの女は抱かせない』
どちらにしろ、彦星はあきらめていた。向こうに着いたとしても、織り姫は自分を軽蔑するだろう。
天の川は流れを緩くする。彦星は岸に戻りおいおい泣いた。
『残念だな。わしが慰めてやろう。服を脱いで川に入ってこい。冷たくて、気持ちがいいから』
今日一日をどれほど楽しみに待ったことか。彦星に選択肢は最早なかった。
天の川にいわれた通り、いつもひとりでやっていたように、服を脱ぐと下半身をゆっくりと川に沈めた。
川の流れは急に早くなる。

めでたし めでたし