※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

君が好きだ

「君が好きだ」

「へえ、俺は白身も好きだけどな」
朝食のサラダをフォークでつつきながら、彼は答えた。
頬杖をつき、かき回すだけで一向に食べる様子はないサラダに視線を据えて。
僕はもう一度繰り返す。
「君が好きだ」
「そんなに好きなら、俺のやるよ」
ぐちゃぐちゃになったサラダから、スライスされたタマゴを探し出し、僕の皿へと移す。
タマゴが形を崩してテーブルにいくつも落ちたが、彼は気に留めはしないようだ。
白い輪になった白身だけが、僕のサラダの上に積まれていく。
「君が」
「ああ、白身ばっかりになっちゃったな」
彼はそう言って、僕の言葉を遮った。
「悪い悪い。白身は嫌いなんだっけ?俺が食ってやろうか」
気怠く笑うその時の目も、僕に向けられはしない。
「ふざけないで聞いてくれ」
「ふざけてんのはお前だろ」
小さく吐き捨てるように彼は呟いた。
弄んでいたフォークを皿に投げ出す。
そして彼は深くため息をつき、椅子の背もたれに身体を預け俯いた。
「ちゃんと聞いて欲しい」
「何だよめんどくせえな。それ今話さにゃならんこと?俺朝メシ中なんですけど」
「こっちを向いてくれないか」
「…」
「僕を見て」
僕の声など聞こえていないかのように、彼は俯いたままだった。
だから、僕は、彼の名を呼んだ。
恐る恐る発せられた、小さく消え入りそうな声だったと思う。
しかしその声に彼は弾かれたように顔を上げ、僕はやっと彼の目を見ることが出来た。
驚いて見開かれた目には、確かに僕が映っている。
この部屋に来てから、彼の名を口にしたのは、これが初めてだった。
捕らえた視線を逃すまいと、僕はもう一度、今度はしっかりと相手に届く声で、彼の名を呼んだ。
懐かしい響きを持つ、その名を呼んだ。
彼は息を飲み込み、全身を強ばらせる。
追い詰めるつもりはないのだと、出来る限りの優しさを込めて、僕は再び告白をする。
「君が好きだ」
彼は顔を歪め、両手で耳を塞いだ。
「…やめろ」
聞きたくないとばかりに、首を横に振る。
耳を塞いだ両手の、白いシャツから覗いて見える手首には、布が強く擦れてできた赤い傷痕。
僕はゆっくりと、彼へ近寄った。
「来るな」
震える声で彼が言う。
テーブルの上の皿を、僕に向かって投げつけようとしたが、それは虚しく床を転がっただけっだった。
近づく僕を避けようと、彼は椅子から立ち上がり数歩後ずさった。
重い鎖の音が部屋に響き渡る。
その音を聞いた彼は、再び動くことが出来なくなる。
微かに震える彼の前に、僕は立った。
視線すら逸らせずに、目には涙が滲んでいた。
「好きだ」
そっと手を伸ばし、彼の頬に指先が触れたとき、その涙が零れた。
「嘘だ」
「嘘なものか」
僕は微笑み、彼の頬を両手で包み込んだ。
彼はまるで発作でも起こしたように、肩を震わせて息を吸い込む。
そして搾り出すような声で僕に訊ねた。
「じゃ…なんで、こんなこと」
小鳥のさえずりが聞こえる。
格子窓のから注ぐ朝の太陽の光は、僕たちに影を作っている。
僕は彼の目を見つめて答えた。

「君が、好きだから」