※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

はじめてのおつかい

はじめて、あの方が一人で買い物へ行きたいと仰った。
幼い頃からボディガード無しには外出できない身分であった彼は、気ままに買い物をするなんて経験は全く無かったのだ。
もっともそんなご身分だからこそ、私が歳近いお目付役としてお近づきになれたのだが。
「欲しい物がおありでしたら、こちらで用意致しますが」
「駄目だ、俺は自分で見て買いたいんだ」
「何故私がお供してはいけないのですか?」
「俺はもう子供じゃない。たまには羽根をのばさせろ。」
結局説得はかなわず、その『はじめてのおつかい』は決行された。

当日は秘密裏に街中にSPが配備される厳戒態勢。
気づかれぬように超小型の隠しカメラ、発信機などが彼の服に仕込まれ、街の防犯カメラなどと連携した監視ルームで、私は彼の動向を見守っていた。
彼と長い時間離れるのはどれ程久々だろうか。正直気が気じゃない。
「…ああ、もう」
彼は服屋でLサイズの服を何着も買い込んでいる。貴方はMサイズじゃないか。
貴金属店や書店などでもどうにか買い物を済ませ、洋菓子店に入ったようだ。
店員と何か話している。少しして店員がケーキに乗せるプレートを持って彼へ見せて、…
私は思わずそこの部分の映像を拡大した。
「…ああ」
何故忘れていたのだろう。
明日は、彼と私が出会ってちょうど10年になる記念日なのだ。