※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「そろそろ本気だしていいですか?」

「そろそろ本気だしていいですか?」
凝ってきた肩と首を鳴らして、あくびをかみ殺した。
社長の手慰みにつきあうのも一仕事だ。
いい大人の男が、もう数年来、昼休憩のゲエムにうち興じているのだった。
昼餉をかき込み終えると、社長はニコニコと道具を出してくる。
最初のうちは碁や将棋といった馴染みの遊びだったが、
マンネリズムを感じたのか五目並べ、回り将棋、将棋崩しと手を変えてきて、
それも回数を重ねて後は、何やかんやと様々なゲエムの類をどこからか持ってきて、
時には説明書きを読み読み、試行錯誤に遊ぶようになったのだ。
西洋骨牌はポオカア、お婆抜きが定番となった。
行軍将棋をやった時は審判役がおらず、二人でやるとこれは揉めた。
野球盤はなにしろ乱暴で、あっさりと破れてしまった。
源平碁は簡単な手順ながら良くできた遊戯であった。
麻雀、花骨牌、西洋双六、チェス……枚挙にいとまがないほどやった。
人類はかくも暇をもてあます生物なるか、と思わず考えさせられるくらい、いろいろなゲエムを社長と遊んだ。
そう、社長の相手はいつも僕だ。こちらは社長と違って、
いつも店内にいて、客に帯を見せたり紐を出したりがそも仕事だというのに、
こうして奥へ引っ込められて、茶まで持ってこさせて、
「柿本君、一番勝負、一番だけだから」
などと言って、調子よく延々つきあわされるのだ。
そのくせ社長は下手の横好きであった。
目新しいゲエムは僕も勘所がわからないが、将棋や碁なら多少の定石は知っている。
そうして指したり打ったりしていると、格段勝ってやろうとか思いもせぬがいつも勝つ。
素人目に見ても、社長の筋は目茶苦茶だろう。
下手な相手と遊ぶのは、それはそれでくたびれるものだ。
大概僕は飽きっぽい方だし、店も気になる。そこで常に良い頃合いで、
「そろそろ本気だしていいですか?」
と社長に宣言する次第だった。終了宣言であった。

今日に限って、社長の返答は否だった。
「駄目だよ」
にやりと笑って、本日のゲエムである碁の盤から目を上げた。
「あんまり早く終わっちゃつまらない、せっかくの時間だよ」
ふ、とその笑みが苦さを加えたものになって、
「酒も煙草も悪い遊びもやらないお前さんが、ただ付き合ってくれるのはこれだけだからな」