※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

執事

「坊ちゃま、そろそろお休みになられては?」
「だけどレナード、僕まだ全然眠くないよ」
「ベッドにお入りになって、目をつむってご覧なさい。じきに夢の国から小人がやって参ります」
「小人? レナードは小人を見たことがあるの?」
「えぇ、ございますよ。幼い頃はよく一緒に遊んだものです」
「へえ、僕とも遊んでくれるかな」
「もちろんですとも」
「あのね、僕、他にも遊びたい子がいるの」
「ほう、どちらのお方ですか?」
「一昨日お父様のお友達がいらしたでしょう」
「アスター様ですね」
「その1番下の子が僕と同じ歳なんだ、とっても優しくて面白い子だった」
「アスター家の末のお子様と言いますと、ドミニク様でございますね」
「僕ね、ドミと結婚するんだ。まだお父様とお母様には内緒だよ」
「おや坊ちゃま、もう婚約なされたのですか」
「ううん、ドミは考えてみるって言ってた。返事は次に会った時にねって」
「ドミニク様は賢明でいらっしゃいます、お二人のご結婚には少々やっかいな問題がございますから」
「問題ってなぁに?」
「まず坊ちゃまは、旦那様のたったお一人のお子様ですから、 必ず女性を娶ってこの家をお継ぎにならなければなりませんね」
「お嫁さんをもらうんでしょう、僕知ってるよ」


「ドミニク様はご兄弟の中では1番下でいらっしゃいますが、上はみなお姉様方ですから、ドミニク様もまたアスター家の跡継ぎでいらっしゃいます」
「ドミもお嫁さんをもらうの?」
「さすが坊ちゃま、私の心をお読みになりましたね」
「でもドミはどんな女の子よりも素敵だよ、きっとお嫁さんより」
「世の中には不条理なことが多々あるのでございます」
「どうしようレナード、僕ドミと結婚したいのに……」
「それはまた明日ゆっくり考えましょう。時間を空けた方が良い考えが浮かぶものです。さ、毛布をおかけになって」
「レナード、僕の恋を応援してくれる?」
「ええもちろん、私はいつでも坊ちゃまの味方です」
「絶対にだよ」
「神にかけてお約束します」
「レナードが味方をしてくれるから安心だね」
「ええ、ですから何も心配せずにお休みください。すぐそこまで小人が迎えに来ておりますよ」
「おやすみ、レナード」
「おやすみなさいませ、坊ちゃま」

「レナード、あの子は寝たかい?」
「ええ、実に素直な方でございます」
「私が言っても聞きやしないのに、お前は子供を寝かしつけるのが上手いな」
「ふふ、昔の旦那様のようなことをおっしゃっていましたよ」
「ほう、何と?」
「秘密にすると坊ちゃまと約束いたしましたので、教えてさしあげることはできません」
「まったく、うちの執事は有能だな」
「もったいないお言葉でございます」
「それじゃあそろそろ寝るよ。お休み、レナード。小人に会ったらよろしくな」
「ゆっくりお休みなさいませ、旦那様」