※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

純情

「…ふざけんなよお前!」
「ビックリした!ちょ、どうしたんスか先輩、急に」
「どうしたじゃねぇ!何?彼女できたからだぁ?!」
「そうなんスよ、実に7ヶ月ぶりの女なんスよぉこれがw」
「そんなこと聞いてねぇよ!てか彼女と遊んでたから練習無断欠席だと!?しかも1週間も!?そんなバカみたいな嘘で許されると思ってんのか?!」
「ちょっと落ち着いてくださいよ!それに嘘じゃないっスよ!…ほら、これ、彼女の写メです。なかなかっしょ?」
「…っ、どうでもいいそんなの!お前な!お前の勝手で部員全員に迷惑掛けたってこと自覚してんのか?!それなりの覚悟はあるんだろうな!?」
「…」
「なにニヤニヤしてんだ気持ち悪ぃな!黙ってないで何とか言えよ!」
「…じゃあ、先輩」
「なんだよ」
「今の先輩ってさぁ…『部の先輩』として『後輩が不甲斐ない』から怒ってるんじゃなくて実は『想い人』として『裏切られた嫉妬』的なことから怒ってるんじゃないスか?w」
「え…はぁ?!…な、に言ってんだお前…」
「だってそーでしょ?俺が彼女できたっつってから急にキレるんスもん。分かりやすいったらもーw」
「だからニヤニヤすんなっつってんだろ!」
「さらに言っちゃうと、あの時に告ったときから先輩、若干俺への態度違ってきましたもんねー?あ、意識しちゃいました?w」
「…おい」
「先輩も俺のこと、ホントは好きなんですよねぇ?」
「…お前、いい加減に」
「好きなんですよねぇ?!」
「…っ」
「ハハ、なーんちゃtt」

「っ…そーだよっ!嫌だから怒ったんだよ!だって好きになったんだもん俺、お前のこと!悪いかよ!?」
「…え?」
「だってお前言ってくれたじゃん、『先輩のことマジ好きだ』って!『マジ付き合って』って!お前は、冗談だったかも、だけど…俺…俺は初めてだったんだぞ!?そーゆーこと本気で言ってくれた人!お前が!」
「え、マジで?あの、これ嘘って」
「そら確かにお前には叱って、ばっかで、くっつくなとか、離れろ、とか、言ったけど、恥ずかしくて、それでも俺、お前の、為、思っ…グスッ、嫌い…違うのに…ぅぅ…」
「えぇ!ちょと、泣くとかマジでちょっと・・・」
「…でも、もう…グス…だから…俺…うぅ」
「だから、あのっ!先輩!?」
「…?」

「俺、彼女なんていないんですってば!」
「…は?」
「あれ実は講義が一緒の娘で…」
「…は、あ?」
「いや…ちょっとからかってやろうと思って…その、冗談のつもりで」
「……はぁ、あぁ?」
「そしたら先輩一人でなんか色々と…ハハ」
「…あぁ、あぁあ?!」
「ちょ、あれ?先輩、目がなんか怖――」


「ホントもう、マジすまいせんっした」
「…いいよ、もう…気持ち良い1発入ったし…」
(…しっかり3、4発殴ってたっての;)
「…でも」
「はい?」
「だとしたら…彼女ができたのが理由じゃなかったんなら、本当の無断欠席の理由は?」
「あ…それは…ぇーと;」
「…。」
「…すいません、ちゃんと別れてきますから!」
「…やっぱりな」
「いや、あの、正確に言えば恋人未満的なアレで…」
「もういいってば。…お陰さまでなんか吹っ切れたし。…俺も全部忘れるからお前も忘れてくれ…」
「…いや、俺、やっぱ先輩のがいいっス。」
「無理しなくていいから。俺だって気マズくなっt」
「ほら!メール、今、送りましたから!ね?」
「……ホント、馬鹿だ、お前は。」
「いやぁきっと向こうだって俺のことなんて本気に…って、もー!すぐ泣かないでくださいよぉ」
「…っ黙れ」