※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

追われる者×追う者

深夜の呼び出しに応じてふらりと自宅に現れた彼は、
ソファに組み敷かれ、諦めたように目を閉じた。
その強張った表情が甘くとろけるまでの短い時間、男は決まって考え事をする。

今はまだ到底認められないが、大雑把に括るならライバルであるはずの自分に、
彼はいったいどんな気持ちで抱かれているのか。
プライベートでは驚くほど無口な彼の本心は、掴みどころのない雲のようだった。
知りたい、と思う気持ちを容赦なくねじ伏せる。
そんなことはどうでもいい。知って、どうしようというのか。

彼に出会った瞬間、男はある予感を抱いた。
将来、自分からトップの座を奪い取るのは間違いなくこいつだと、直感的に悟った。
実力は折り紙つきだし、野心もある。努力も惜しまない。
しかし、頂点に上り詰めるにはそれだけでは足りない。
王者の素質とでもいうべき何かを、彼は備えていた。

実力や名声と相応に、人並み外れて自尊心の高い男である。
次代の脅威を感じた時点ですっぱり退かないのは何故なのか。
実際のところ、それは本人にも解けない謎だった。
(ま、簡単にゃ抜かせねえよ。)
いつか、こいつに引きずり下ろされるのだろう。
かつて、自分がそうしたように。
しかしその時が来るまで、全力をもって王座に君臨し続ける。
それは追われる者としての矜持だ。

仰け反る彼の耳元に顔を寄せ、男は恋人の声音で囁いた。
「せいぜい、楽しませてくれよ。」