※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

夕立

まぁこの時期、油断も隙もあったもんじゃないけど、
それでも今日は朝からずっと晴れてたし、
天気予報のおっさんも今日の降水確率は20%だって言ってたし、
占いのお姉さんかに座は1位だって言ってたし、大丈夫かなって。
ところがどっこい、やってくれたよ‥
いざ帰ろうかなってときにいきなり土砂降り。
今着てる服明日も着ようって思ってたのに。
「恨むぞおっさん」
ちょっと待ってみるか‥この様子じゃすぐ止みそうだし。

かれこれ5分ぐらい待った。止む気配はなし。むかつく。
しかもまた妙な天気だな。 太陽出てんのに雨は降ってる。こう言うのって確か、
「「狐の嫁入り‥」」
人居たのかよ!恥ず。
「あ、君隣の」
隣の住人だ。 毎朝見る顔。
そりゃそうか。家出るタイミング図ってるもんな。
‥余計恥ずいっつの。
「どもっす」
なんか不自然。頑張れ俺。
「今日降らないって言ってたよね」
「そうっすね」
「天気予報の人恨むよ‥」
「はは」
「しかもうお座の運勢悪かったし」
「ツイてないっすね」

激しくツイてる。
ありがとう、お姉さん。ありがとう、おっさん。